一年次(導入)教育の日米比較

著者 :
  • 東信堂
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887136359

作品紹介・あらすじ

学生の変化・多様化に対応すべく急速に普及しつつあるものの、日本における一年次教育は、その理念・内容・方法とも未だ確立しているとは言いがたい。70年代以来蓄積されたアメリカ一年次教育の経験を詳細に紹介・考察するとともに、日米両国ほぼ同一内容で行われた質問紙調査の分析を交え、アメリカと異なる大学伝統と学生文化を持つ日本での一年次教育の在り方を追求した、わが国初の本格的研究。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 初年時教育への取組み参考書。
    科学的・組織的アプローチは米国が先行。
    日本では独自モデルの構築と実践が必要か。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

同志社大学社会学部教授

「2016年 『大学のIR』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山田礼子の作品

一年次(導入)教育の日米比較を本棚に登録しているひと

ツイートする
×