「対テロ戦争」の時代の平和構築―過去からの視点、未来への展望 (未来を拓く人文・社会科学)

制作 : 黒木 英充 
  • 東信堂
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887138575

作品紹介・あらすじ

「対テロ戦争」という命題が孕む錯誤と危険性。中東、バルカン、アフリカはじめ、繰り返される「大虐殺」の事例に学び、その予防策と「人間の安全保障」のあり方を総合的に追求する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中東で対テロ戦争にまい進している国がイスラエル。
    政治的暴力頻発している国は貧しい国ばかりではない。貧困原因論は意図的である。

    ナチスが収容所を1930年代にダッハウやザクセンハウゼンなど欧州中心部、しかも都市近郊に作られたことの意味合いは深長である。
    ナチスはドイツは欧州近代の内なる他者を異化し、これを収容所に隔離して収奪すると同時に、収容所をそのシステムの一部に取り込んだ新しい経済社会を作り出そうとした。

全2件中 1 - 2件を表示

「対テロ戦争」の時代の平和構築―過去からの視点、未来への展望 (未来を拓く人文・社会科学)を本棚に登録しているひと

ツイートする