美の歴史

制作 : Umberto Eco  植松 靖夫  川野 美也子 
  • 東洋書林 (2005年11月発売)
3.51
  • (7)
  • (10)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :222
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887217041

作品紹介・あらすじ

"美"とはなにか?絶対かつ完壁な"美"は存在するのか?"真"や"善""聖"との関係は?-古代ギリシア・ローマ時代から現代まで、絵画・彫刻・音楽・文学・哲学・数学・天文学・神学、そして現代ポップアートにいたるあらゆる知的遺産を渉猟し、西洋人の"美"の観念の変遷を考察。美しい図版とともに現代の"知の巨人"エーコによって導かれる、めくるめく陶酔の世界。

美の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    “美”とはなにか?
    絶対かつ完壁な“美”は存在するのか?
    “真”や“善”“聖”との関係は?
    ―古代ギリシア・ローマ時代から現代まで、絵画・彫刻・音楽・文学・哲学・数学・天文学・神学、そして現代ポップアートにいたるあらゆる知的遺産を渉猟し、西洋人の“美”の観念の変遷を考察。
    美しい図版とともに現代の“知の巨人”エーコによって導かれる、めくるめく陶酔の世界。

    [ 目次 ]
    ギリシアの理想美
    アポロ風の美とディオニュソス風の美
    均衡と調和の美
    中世の光と色彩
    怪物の美
    牧場の少女から天使のような貴婦人へ
    15・16世紀の魔法の美
    貴婦人と英雄
    優美から不安の美へ
    理性と美
    崇高
    ロマン主義の美
    芸術至上主義
    新しい物体
    機械の美
    抽象的な形から素材の深みへ
    メディアの美

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 世の中に数ある美術史の学術書でこれが秀逸というわけではないが、なにかと話題のエーコを覗いておくのも悪くは無い、というわけでちょっと拝見。
    「薔薇の名前」「フーコーの振り子」の作者エーコだからというのでなにか特別な美学があるのかと思いきや、通常の美術史にそった章の展開。特徴があるとすれば、「醜の歴史」とセットにしてサブカルチャー研究の台本になっている点だろう。

    巨匠の著作に対してお仕着せがましい解釈を付け加えてみても噴飯ものにしかならないので、「醜の歴史」とあわせて世界中で人気があるビデオレクチャーぐらい見ておくとよいだろう。

    On The History of Ugliness
    http://videolectures.net/cd07_eco_thu/

  • 10年以上昔に買ったのだが、パラパラと絵を眺めるだけで、文章は読んでいなかったのだが、遅ればせながら、文章を読みながら、絵を眺めてみる。

    古代ギリシャ・ローマ(一部それより古いのもある)から、中世、ルネサンス、ロマン、印象派、現代美術、ますプロダク商品やメディアに至る「美」の歴史。

    思ったより、真っ当な美術史の教科書みたいな感じかな???

    著者は、「美」という概念が時代とともに変化し、相対的なものでしかない。今の時代において、美の基準はなく、「完全なるシンクレティズム(諸説混合主義」)に降伏するしかない」ということ。

    と言っても、これはやっぱ西洋(特に西欧)の美の歴史ですね。確かに美の概念は変わるのだけど、日本人的には、ある種の共通性もある気がしてしまう。

    これを世界レベルでやったら、より美の概念の相対化が進むのか、なんかよりダイナミックな何かが出てくるのか。

    もちろん、それをエーコに求めても仕方ないのだが。。。。

  • 様々な意味での「美」をそのイメージとともに集めたもの。一冊手元に置いておきたい。

  • 読み終わったっていうか、流し読み…。内容が濃くて面白いけど、それだけに読み下すのに時間がかかる…。時間に余裕がある時にじっくり取り組みたい。図はフルカラーで素晴らしい。「バウドリーノ」の中に出てくる中世の事物も紹介してあって、エーコの頭のなかをちょっと覗いた気分になれる。

  • 書かれていることが難しい。
    絵画鑑賞用になっている・・

  • 美をテーマにして、古代ギリシア・ローマ時代から現代までの各ジャンルの美しきものを大蒐集。

    お値段も8000円。 ずっしりと重くて持つのも大変なほどの豪華版です。

    古代からの歴史を追いながら、贅沢にカラー図版を多数挿入し、詩人、哲学者、神学者、小説家、画家、宗教人の作品や言葉を多く引用。

    表紙を飾るのはブロンズィーノの<<エレオノーラ・ダ・トレドと息子ジョヴァンニ・デ・メディチ>>(部分)なのが、やはりエーコらしい。というかルネサンスは輝ける美の宝庫。
    エレオノーラ・ダ・トレドはコジモ1世の奧さんです。

    常に手元において、楽しみたいエーコからの贈り物のような一冊です。

  •  読了

全18件中 1 - 10件を表示

ウンベルト・エーコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
J・モーティマー...
谷崎 潤一郎
リチャード・ドー...
ウンベルト・エー...
村上 春樹
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
ウンベルト エー...
J.K. ユイス...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

美の歴史に関連する談話室の質問

美の歴史に関連するまとめ

美の歴史を本棚に登録しているひと

ツイートする