数のはなし―ゼロから∞まで

制作 : Bunny Crumpacker  斉藤 隆央  寺町 朋子 
  • 東洋書林
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887217508

作品紹介・あらすじ

ひとつ、ふたつ、三つ…。何かをかぞえること、それはすなわち世界を捉え、獲得することにほかならない。古今東西、汲めど尽きせぬ愉快なトリビアとともに案内する、数をめぐる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1から0までの10種類の数字で、全ての数を表現できるというのが改めてすごいことだと思う。
    数そのものに関わる話だけでなく、古代文明における数、芸術における数、神話の中の数など、その数にまつわるたくさんの話が満載。

  • のっけから面白い。数字がこんなに面白いとは...。1,2,3,4,5,6,7,8,9,0,1,11,12,100,1000,1000000と、もうひとつの数のはなし。

     わたしたちは、わずかな記号と言葉を用いることによって、どこまでもかぞえられ、どんな数にも到達できる。どれだけかぞえても、10個の数字しか使わない。1,2,3,4,5,6,7,8,9,0だけでいいのだ。

     その最初の“1”を「こんなにも重要な数で、すべての始まりでありながら、実に簡素な形をしている」とか「孤独でちょっと冴えない数だと思う」とか「1は私自身」「1は区別」「1は独り身の男」等々、なるほどなぁって思わず納得の面白さでいっぱいである。数字の蘊蓄ならこの本をお薦めする。

  • 本当は超ひも理論の本が欲しかったのですが、
    敷居が高かったので なんとなくこちらを購入。

    とても面白い!

    収束の彼方にも、末端にも、
    個々としていくつかがやはり存在するのであって
    永久に置換が 行われるかもしれない。

    数字が可愛く見えてきます。
    知識欲のある方だったら誰でも楽しめると思います。
    おすすめです。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする