• Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887217874

作品紹介・あらすじ

稀代の碩学ウンベルト・エーコがものする芸術史、待望の第3弾。『美の歴史』、『醜の歴史』に続く本作は、前2作の二項対立からより自由に飛躍し、あらゆる創作活動の蒐集・分類、すなわち世界のカタログ化に目を向けた、記号論者エーコの面目躍如たる一冊となった。ダンテ、ラブレー、ジョイス、そしてブリューゲル、ダリ…文芸・美術作品の中に潜む眩惑的なリストの大海原へと乗り出す、知の「列記嗜好者(リストマニア)」による熱狂の大航海。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」

    クラブ・サークル名 卓ゲヤロウズ

    請求記号:702.3/Ec  
    所蔵館 2号館図書館

  • 12/11 読了。
    リストのリスト。図版が綺麗。

  • 『美の歴史』『醜の歴史』に続く、エーコの芸術史第3巻。
    美と醜の枠を飛び越えて、蒐集の大海へと碩学が誘う。

    原題は”Vertigine della lista”、「目録の眩暈」もしくは「めくるめく羅列」というような意味であるらしい。
    「リスト」が本書のテーマである。書物にしろ、絵画にしろ、数多くのものを描いていても、結局は有限である。『神統記』や『イリアス』の時代から、人間は膨大なリストを以て世界の無限に挑んできた。数え切れないほどの人物たちが描かれた群像画もまた、額縁を超えて広がる宇宙を感じさせる。
    視覚的リスト、物のリスト、場所のリスト、脅威のリスト、驚異の部屋(ヴンダーカマー)などのテーマのもとに集められた美術作品や文学作品。
    これでもかというほど列挙される羅列の例の洪水には、眩暈を通り越して悪心をもよおすほどだ。この本自体が「リストのリスト」と呼べるものになっている。
    博物館やコレクターとも通じる、「網羅したい」という思い、あるいは欲望。圧倒の1冊である。


    *個人的には、ちょっと手に余った。自分はあんまり世界を把握したいって欲望がないんだな、きっと。リストというものにそれほどの興味を持てない。

    *三部作のうち、自分としては『醜の歴史』が一番おもしろかった。

    *第16章「一貫性のある過剰」の中に、エーコ自身の作の抜粋も採られている。前段に弁明があってちょっと微笑ましい。

    *前2作に比べて、テキスト引用部分が多いような気がする。基本的には本書の訳者さんが訳されたものらしい。リストが延々と続く、訳に苦労しそうな文章が山ほど。いやもうとにかくその労力に「お疲れさまです」と言いたい。

    *創世記の抜粋を呼んでいたら、筒井康隆の『バブリング創世記』を思い出してしまった。もう何年も前に読んだきりなのに。記憶って不思議。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ウンベルト・エーコ(Umberto Eco)
1932年1月5日 - 2016年2月19日
イタリアの作家・評論家・研究者。イタリア共和国功労勲章受章者。
1980年に小説『薔薇の名前』(lI nome della rosa)を刊行。それまでの中世美学や記号論の知見や研究成果をふんだんに用いて、フィクションの記号論的分析、聖書分析、中世思想研究、文学理論などを盛り込んだミステリー作として全世界でヒットし、映画化もされた。その他の小説作として『フーコーの振り子』(Il pendolo di Foucault)、『前日島』(L'isola del giorno prima)、『プラハの墓地』(Il cimitero di Praga)、『バウドリーノ』(Baudolino)など。
本来の出自である美学者・記号論学者としても、『中世美学史』『記号論』『ウンベルト・エーコの文体練習』など、世に知られた作品は数多い。

ウンベルト・エーコの作品

芸術の蒐集を本棚に登録しているひと

ツイートする