科学的に正しい英語勉強法

  • ディーエイチシー
3.70
  • (6)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 141
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887246003

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏休みということで、気合いれて英語を勉強するために読みました。他の英語本との相違点は、コツコツよりも一気呵成、脳に重い負荷をかけて思い出す作業を入れること(一度忘れること)などです。タイトルにあるように、客観的なデータが根拠として示されているので、斬新な提案にもとても説得力があります。一方、正しい英語よりも堂々と話すことが大事、英語を話す機会を設ける、などは割とよく見る内容かなと思いました。蛇足ですが、著者は海外に行く際にキットカットの抹茶味を持参し、行く先々で配り喜ばれるからおすすめ、と書いていますが、僕の大好物もキットカットなので、勝手にうれしくなりました。本当に蛇足ですね(笑)

  • この人の本は値段の割に内容が薄い。

  • できないから話せないではなく、話さないからできない。
    脳に「つらい」学習をすると記憶に定着する。
    短期集中学習が効率的。

    英語に限らない学習方法がメインだと思った。
    何故「英語勉強法」という本にしたのだろう?

    あ、でもレクサイル指数は知らなかった。
    洋書を読もうと思った時には参考にしたい。

  • 秀逸な学習ガイドだと思う。

  • この本を読んで、自分はいかに、机の上での勉強しかしていなかったかがわかりました。
    文法の勉強だけしていたら、試験問題は解けるようになるけど話せるようにはならない。多読だけすれば、語彙は増えるけど、やはりペラペラになるわけではない。それぞれの目的に応じた訓練、しかも、想起に時間のかかる、なるべくつらい勉強法が必要なんですね。
    DaiGoさんの作った、「超性格分析」とうい無料アプリがあるのですが、科学的にあなたがどんなタイプか診断してくれて、タイプ別に向いている勉強法なども教えてくれるので、合わせてやったらいいと思います。

  • DaiGoさんの本はどれもわかりやすくて良いので英語の本も期待して読みました。

    なるほどと思える内容でしたが、それほど特別な内容ではなかったかな。

  • ポジティブチェンジ ソリッドグレイ
    4160時間 学習時間

  • 最新の研究結果を、効果的な英語学習法という観点から綴った学習本。特に、革新的な学習方法は記載されていない。また、各学習方法には良点のみが書かれていて、冷静に読み返すと、様々な改善点が浮かんでくる。日本人が英語を話せない7つの理由も、そりゃそうだろって事くらいしか書かれていない。
    有名なビッグファイブの分析についても、詳しく書かれていない。(4ページ)5つの性質に応じた勉強法に関しても、作者の主観的な内容である。
    本著書から、新しい気づきがあった内容は以下である。
    ・英語知識は学校英語での量では足りない。
    ・忘れる前に復習してはいけない。
    ・分散学習方法について。
    ・レクサイル指数について。

    これは買わなくてよかった。

  • 勉強方法の提言と、その裏付け、彼の調べた文献を始めとする知識の量には圧巻された。ぜひ今後も参考にしたい方法がいくつもあった。しかし、インプットとアウトプットについての言及が少し違和感があったのは僕だけだろうか。アウトプット偏重かなと思えば、後半インプットも大事であると。アウトプットとは何か、定義も僕とは少し違う気がした。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。
代表作として『自分を操る超集中力』。著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。

メンタリストDaiGoの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

科学的に正しい英語勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする