航空運賃のカラクリ―半額チケットでなぜ儲かるのか

著者 :
  • 中央書院
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887321724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 複数の予約を入れている顧客がいるからエアライン側も調整が大変だろうな。

  • ストックが持てない生鮮食品のようなものであるからどうやって販売数量を高く維持するかと価格をキープできるかのトレードオフへの苦悩がみえた。

  • 飛行機乗る前に読んでみたらいかがでしょうか?

  • 2006年12月の本なので現状と異なる内容もある。
    割高と言われる日本の航空運賃、LCCが生まれにくい日本の事情、格安航空券の正体などについての本。
    著者が指摘しているように、窓側や前方の人気席を割引運賃で早々と購入し座席指定すると、
    高い普通運賃を払った人に残されたのが後方や中間席で可哀想だと思った。
    日本でも飛行機がもっと身近な存在になって欲しい。

  • 業界にいても、知らないことはいっぱいあるんだなと。

  • 古い本だからなのか、新しい知識は得られませんでした。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1947年石川県生まれ。航空アナリスト。首都大学東京客員教授。利用者サイドの視点から航空産業や航空交通に関して執筆・講演活動を展開。参議院運輸委員会調査室客員調査員、経済産業省産業構造審議会臨時委員、東京都の航空関連委員会委員、福岡空港調査委員会委員なども歴任。主な著書に、『エアライン〈超〉利用術』『ものがたり日本の航空技術』『超巨大旅客機エアバス380』『激安エアラインの時代』(いずれも平凡社新書)、『墜ちない飛行機』(光文社新書)、『JAL再建のゆくえ』(草思社)などがある。

杉浦一機の作品

ツイートする