B787に懸けるANAの野望

著者 :
  • 中央書院
3.57
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887322134

作品紹介・あらすじ

国際・国内・貨物、3事業の将来構想に迫る!厳しさを増す事業環境のなか、次世代機の導入や羽田国際化で見えてくるANAの勝ち残り戦略とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アンチANAなので今後もANAに乗ることはないが、JAL派として敵の出方を知っておく必要があると思い図書館で借りて読んでみた。創業当時からの民間企業であるがゆえのしたたかさと大胆な施策は確かにJALには真似できない部分もあるが、この本には8.10ペーパーにおける優遇などは触れられておらずそういう意味では少し物足りなかった。
    今のところはいい流れに乗っていると感じたが、やはり問題も抱えていることも事実であり、特に日本という枠組みで今までは戦ってきた同社が今後、グローバルでどうなるかは筆者も言うように注目である。

  • ANAの歴史から、コレからの戦略や海外のLCCにどう立ち向かうのかなど、アジアのトップ企業になるためなど、様々な事が書いてあり、B787に賭ける期待度の高さが伺える。

  • 2011年現在のANAのビジネス戦略が書いてある。

    タイトル通りB787と拡大する首都圏空港のスロットルを用いての国際線拡大計画

    創業以来の安定した国内路線と沖縄ハブを用いた貨物戦略など、今後さらに変わっていく航空業界を占う意味でも面白い。

  • うーん…
    もう少し787にフォーカスした内容を期待してたからか、ちょっと物足りなかったかな。。

  • ANAのみならず激動の航空業界の現状がわかりやすい。羽田国際化、新規航空会社やLCCの台頭に加えてJALの経営破綻。ANAが悲願の日本一、アジア一の航空会社に慣れるのか。航空行政の動きも含めて興味深い。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1947年石川県生まれ。航空アナリスト。首都大学東京客員教授。利用者サイドの視点から航空産業や航空交通に関して執筆・講演活動を展開。参議院運輸委員会調査室客員調査員、経済産業省産業構造審議会臨時委員、東京都の航空関連委員会委員、福岡空港調査委員会委員なども歴任。主な著書に、『エアライン〈超〉利用術』『ものがたり日本の航空技術』『超巨大旅客機エアバス380』『激安エアラインの時代』(いずれも平凡社新書)、『墜ちない飛行機』(光文社新書)、『JAL再建のゆくえ』(草思社)などがある。

B787に懸けるANAの野望のその他の作品

【ハ゛ーケ゛ンフ゛ック】B787に懸けるANAの野望 単行本(ソフトカバー) 【ハ゛ーケ゛ンフ゛ック】B787に懸けるANAの野望 杉浦一機

杉浦一機の作品

ツイートする