白のフィオレンティーナ(11) (冬水社文庫)

著者 :
  • 冬水社 (2007年9月20日発売)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887417779

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦争やその他の理由で、近しい人がみな去って、ローマに残されたフィオレンティーナの戦い。
    そこまでの力があるか、と問われれば疑問がないわけではないけど、でもいいのです。
    私のはこのフィオレンティーナのひとりの戦いが好き。

    そして、養父であるが故の、じじさまのフィオレンティーナへの愛と、その愛に打たれて、また身を引こうとするアルフォンソ様がなー。
    ますますじじさまに対する愛が高まってしまう。
    ミケにいじわるされている姿がまた、愛らしい(違)

    さて、そのミケ。
    フィオレンティーナとアルフォンソのために何もしてやれないと嘆くジョヴァに作ってやる彼の像が、めちゃくちゃ好きです。
    すごく可愛いし、何よりミケがジョヴァのことをどう思っているか、あの像が何より物語っている。

    それにしてもミケ!
    自分に正直だけど性格がヒネていて(無理もない生い立ち)毒舌なのに、唯一ジョヴァにはなんであんなに真っ正直で素直であけすけなんだっ!
    ツンデレとは真逆なのだが、ツンデレの100倍心の臓に来ます。
    私のミケ好きは、きっとこの辺に起因するんだろうなー。
    あー、本物のミケランジェロ先生に申し訳が立たない…(私が)

全1件中 1 - 1件を表示

白のフィオレンティーナ(11) (冬水社文庫)のその他の作品

戸川視友の作品

白のフィオレンティーナ(11) (冬水社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする