はるかな国からやってきた

著者 :
  • 童話屋
4.01
  • (67)
  • (42)
  • (63)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 380
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887470330

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王道かもしれないけど、やっぱり

    「二十億光年の孤独」
    「生きる」
    「三つのイメージ」

    が好きです。

    どこが好きって聞かれても、うまく答えられないけれど
    それでも良いなぁって思うんです。

    その時々によって変わるけれど、
    この本をパラパラとめくり
    目に付いた詩を読むと静かに涙がこぼれます。

    声に出して読みたくなるんだよね。

  • 谷川さん。
    すてきな方ですね。
    谷川さんと世界、宇宙の間にある距離感。
    とても絶妙でナイスっす。

    この本は今度教職に就く姉から拝借しました。
    姉がしおりを挟んでいたのは「成人の日に」のページ。

    ”人間とは常に人間になりつつある存在だ”
    という印象的な言葉からこの詩は始まります。
    許されているようでもあり、尻を叩かれているようでもあり……
    人間は大変です、としみじみ思いましたw

  • 谷川俊太郎は教科書に載っているイメージしかなかった。
    違う詩集も読みたくなった。

  • 1冊の中にひと宇宙

  • これだったかなぁ…「みなもと」が好きです。

  • もう私は本当谷川俊太郎さんが好きでね。小学生の時は全くわけが分からなかったのにね。
    どうしてか「かなしみ」が一番好きです。ぼくはよけいにかなしくなってしまった。

  • ときにまじめにときにおばかに、谷川俊太郎さん。
    彼の詩はこころをまあるくしてくれる、ふわふわのまっすぐなものです。
    真っ直ぐで力強い。
    とても優しいおじいちゃんの谷川さんは、何十年かかって気づいたいちばん大事なことを子どもたちに教えてくれようとしています。
    すばらしいのです。ぜひご一読を。

  • 初めて買った詩集。
    平易だけれど、じーんと深い言葉の数々。
    感性を研ぎ澄ます・・・まさに谷川俊太郎のことだ。
    ふとした時に読み返してしまう、そんな本。(2006/8月読了)

  • みみをすます と カウボーイビバップTV版最終回のよせあつめブルース が どこかでひとつになった感じ

  • 谷川さんはお歳を召してからの作の方が良いと思う。

全51件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする