君死にたもうことなかれ―与謝野晶子の真実の母性 (詩人の評伝シリーズ)

著者 :
  • 童話屋
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887470699

作品紹介・あらすじ

一九六七年発行のさ・え・ら書房刊「うたの心に生きた人々」を四分割した一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすい文章で、短時間で読める。『君死にたもうことなかれ』、美しい言葉、印象深い詩。

  • 読みやすい文章で更にページ数は薄く(←一応本好きの人が書く言葉か、、)大変に読みやすかった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

作詩:詩人。大阪生まれ。1953年、川崎洋と同人誌『櫂』を創刊。戦後の現代詩をリードする。代表作「わたしが一番きれいだったとき」の他、詩集『対話』『見えない配達夫』『鎮魂歌』など。

茨木のり子の作品

ツイートする