なかなおり

  • 童話屋
3.85
  • (10)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887470798

作品紹介・あらすじ

けんかや仲たがいはどうして起きるの?ほんとうは、仲よしが好きなのに。アーノルド・ローベルの絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そうやってせんそうもへいわもやってくるんじゃないかと

  • ほんとはこんなことがしたかったわけじゃないのに……少しの歪みが大きな歪みになる。

  • 自分がイライラしている時にこの絵本を思い出したい、
    というだけではなく、人に辛くあたられた時に、相手の苛立ちは自分のせいじゃないと気づかせてくれそうです。
    味のある絵が、癒してくれました。

  • 機嫌が悪いと伝染していきます。「ごめんね」で伝染を断ち切って今度はいい気持ちが伝染していく。あなたが断ち切りませんか?

  • 負の連鎖ってあるよねーよねー

    ちょっとしたできごとなのに。それがどんどん伝染していって・・・


    みんなそうだけど
    ぜひぜひプラスの連鎖にしていきたいね。
    楽しい!やさしい!幸せ!!を広めたい。

  • 娘3歳1ヶ月、息子4ヶ月時図書館にて借り。

    「ケンカ」「なかなおり」キーワードが気に入っている娘。
    意地悪をするところも謝るところも好きみたい。

  • けんかの始まりってこんな感じだよね。でも、こんなふうに収まっていったらいいね、と思えるお話。
    計算されたストーリーはこびが気に入りました。

  • 自由だと思います。好きです。

  • 5分くらい
    2010/06/15 6-1
    2010/06/29 5-1

    じゃあじゃあ雨降り、お父さんがお母さんにキスを忘れて会社へ行ってしまい、お母さんが不機嫌に。その不機嫌が次々と伝染して...。

  • 反省。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1915-2013年。米国ヴァージニア州生まれ。ウィスコンシン大学卒業。出版社で50年以上にわたり児童図書の編集者として活躍するかたわら、絵本作家として60冊以上の作品を出版。主な絵本に『うさぎさんてつだってほしいの』(冨山房)、『かぜはどこへいくの』(偕成社)、『ねえさんといもうと』(福音館書店)、『あらしのひ』『いつかはきっと』(ほるぷ出版)、『はるになったら』(徳間書店)などがある。

「2018年 『かあさん、だいすき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シャーロット・ゾロトウの作品

ツイートする
×