おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないか

  • 童話屋
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887470903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 詩集。

    山村暮鳥(やまむらぼちょう)は明治・大正時代の詩人。詩の中には病に伏していることや、生活が苦しかったことも描かれているが、
    なにより、
    自然(田んぼに囲まれたのどかな村)の中で、小さなことにも幸せや感謝、生きているもののすばらしさを感じる詩が多い。

    暮鳥はきっと、西瓜やリンゴが好きだったのだな。

    古い仮名遣いも多く、解説もついているが、・・・漢字のふりがなももっと欲しい。

  • 詩集っていいなぁと思いました。流れていく時間をゆっくりとしてくれるような。そんな感じの本です。
    図書館で立ち読みしました。

全3件中 1 - 3件を表示

おうい雲よゆうゆうと馬鹿にのんきさうぢやないかを本棚に登録しているひと

ツイートする