水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.48
  • (16)
  • (27)
  • (50)
  • (3)
  • (4)
本棚登録 : 233
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今流れている某ミネラルウォーターの宣伝が、どうしても気になる。見るたび福島のことを考えてしまう。日本で売られているミネラルウォーターより、日本の水道水の方が安全基準が厳しい。願望をこめた根拠のないイメージに踊らされないように。。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「日本の水道水の方が安全基準が厳しい」
      そうなんだ、、、知りませんでした。。。
      「日本の水道水の方が安全基準が厳しい」
      そうなんだ、、、知りませんでした。。。
      2014/04/17
  • ニセ科学の「入門」としてわかりやすく良い本。ただ、この本をAmazonで検索すると「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の中に例の本たちも一緒に出てきてしまう。

  • 「ニセ科学を10倍楽しむ本」の中の一つ「水は字が読める」で参考文献として紹介された本です。もっと詳しく知りたい、読んでみたいなと思っていたんです。そうしたら本当偶然なんですけど、よく行く本屋の古本コーナーの特価品コーナーで見つけたのです。100円ですよ。ラッキーな出会いでした。「本当に読んだの?」というくらいに綺麗な古本でした。「水に”ありがとう”と言うと美しい結晶ができる」「マイナスイオンは健康にいい」聞いたことある。本に書かれて出版されても嘘であることって多いんですね。でも、今でも信じていて、人に話したり、テレビで話題になったり、学校の先生が子供に話したり…。勉強しないと騙されますね。

  • 「ありがとう」と書いた紙を水に向けたまま凍らせるときれいな結晶ができる。「ばかやろう」と書いた紙を向けるときれいな結晶ができない。そういう話を聞いたことがありますか? この話が、学校の道徳の時間にも使われていたのだそうです。「人間も70%くらいは水からできているのだから、みんなきれいなことばを使いましょう」と話を持っていくのだそうです。皆さんはこの話をどう受け取りますか? もちろん、この事実?が書かれた本はいわゆる「トンデモ本」です。つまり、科学のそぶりをしたエセ科学です。原因と結果が全くはっきりしない、再現性もない、こういうモノを科学とは呼べません。にもかかわらず、小学校の先生たちが授業で扱ったというのです。まあ、誰かがこれを指導案としてインターネット上などで公表していたのだと思います。それにしても、それをあろうことか理科の授業もするであろう先生たちがどうどうと生徒に話していたとは、信じがたいです。でも、けっこう、本当にこれは科学的であるのか、何の根拠もない話なのか、区別するのは難しいところです。だからこそ「あるある」の捏造事件なども起きるのでしょう。著者は理科教育の専門家として、科学リテラシー(科学を理解する力)の育成を推進されています。私も理科教育にかかわるものとして、日々そのことを念頭に授業を進めたいものです。本書の後半には、水ダイエットとか、ミネラルウォーターのことや浄水器の話が出てきます。こちらも結構おもしろいです。

  • あ~~溜飲~~溜飲下がりっぱなし~~~
    この手の水商売に!分かりやすい説明をしてくださっています。結果は全部偽物ですよと。
    世の中には科学が解らない人がいるのはわかる。社会が解らないのといっしょです。でも、それに付け込んだ詐欺があるのは許されない。ちょっとだけ、考えてみればわかりますもんね。水は流体なんだけどと。塩素はむしろ残ってないと危ないんだよと。みなさんがちょっと考える癖をつけてくれれば…。そういうものなんだで済ませず、どうしてそうなるのと考えてくれれば…この手の水商売は減っていくと思います。
    なおこの手の水商売は水商売とは異なります。

  • 大元の話を知らないと、なんでこんなものかこうと思ったのかすら判らないだろうね。
    世の中には、水に優しくすると綺麗な結晶が出来ると説き、それを信じる人がいるということだ。
    その他、水にまつわる、変な話への警鐘。
    本としては大して面白もんでもなかった。

  • 『水からの伝言』批判の本かなと思いきや、結構「水」全般のことについて書かれていて、勉強になった。
    もちろん、『水からのー』批判には一章割かれているんだけども。
    浄水器の考え方など、今一度参考にさせてもらおう。

  • 私は新書を読むことも、科学的な話題を理解することも苦手なのですが、何故かこの本の内容は頭の中にすんなりと入っていきました。筆者である左巻氏のほかの文章を読んだ際にも感じましたが、左巻氏は非常に文章の構成が巧みで、誰にでも分かるようある程度簡略化して科学について説明をしてくれているのだと思います。ニセ科学については、非常に興味深い話だと思いました。ただ少し前の本のため、東日本大震災が起きてしまった後となっては、水道水は安全だと言い切ることができるのかという点だけが疑問です。

  • 江本勝氏のトンデモ科学を筆頭に、正しい科学リテラシーを持つことによって、騙されないようにしましょうという本。クラスターの小さい水と書いてあったら、疑うようにします。201312

  • よく分からない水の商法にだまされちゃダメよな話。

全40件中 1 - 10件を表示

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)のその他の作品

左巻健男の作品

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)に関連するまとめ

水はなんにも知らないよ (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

ツイートする