「手紙屋」 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙~ (喜多川 泰シリーズ)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
4.16
  • (739)
  • (602)
  • (334)
  • (44)
  • (15)
本棚登録 : 6457
感想 : 706
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595705

作品紹介・あらすじ

社会という名の大海原に船出するあなたへ。
大切なのはどんな船に乗るかではなく、
航海の目的だ。

主人公と一緒に働くことの意味を見つめなおす本。
ベストセラー「賢者の書」「君と会えたから……」で
読者を感動の渦に巻き込んだ喜多川泰、待望の最新作! 
はたして、謎の「手紙屋」の正体は?
就職活動に出遅れ、将来に思い悩む、平凡な大学4年生の僕はある日、書斎カフェで奇妙な広告とめぐりあう。その名も『手紙屋』。たった10通の手紙をやりとりすることであらゆる夢を叶えてくれるというのだ。
 平凡な人生を変えたい!目に見えないけれど確実に立ちはだかる壁を取りのぞきたい! 
そんな思いに突き動かされるように、僕は『手紙屋』に手紙を書き始めた……。
 働くことの意味とは? 真の成功とは? 幸せな人生とは?
明日をよりよく生きたいあなたへ贈る感動作。
「物々交換」「自分に向いているものを探さない」「思いどおりの人生を送る」「あなたの称号」etc.明日を変える10の教え。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 西山諒太は大学四年生になったある日、手紙屋という広告をみつけ、就職活動をしながら手紙屋と十通の手紙を交換し、成長していくストーリーです。
    最後には手紙屋の正体も明かされます。

    私は、就活はずいぶん昔の話になりますが、就活前の学生さんにはぴったりなストーリーであると思います。
    就職とは少し違いますが、人生とは何かということを考えるのについては、私のような人生半ばを過ぎた年齢でも、得るところはあったとは思います。

    ただ、私の歳まで、生きていると本当に情熱だけで、夢が叶うものなのかという、全く夢のないことも考えてしまいますが…。情熱が足りなくて、夢が叶わなかった者の愚痴でしょうか。でも、人生まだ、終わったわけではないので、夢を全部あきらめてしまうことも、まだ、ないかもしれないという、希望は全然ないわけじゃありません。(だから、まだ、こうして自己啓発書の類を読んでいます・笑)
    喜多川泰さんの自己啓発本は4冊目で、今までの本は星5をつけさせていただきましたが、この本は、他の著者の自己啓発書やビジネス書と考え方が違うようなところもあり、?と思うところもあり、全部信用することはできないので、私は星3つにさせていただきました。


    全部引用すると、長いので、後半5通の手紙より、諒太が学んだこと。

    ○ある仕事が自分に向いているかどうかは、やってみなければわからない。向いていると思う職業は幻想。
    今の自分に向いている職業を探すよりも、考えただけでワクワクするような目標を持った会社を探すこと。
    向いている職業を探すのはやめて、興味を持てる会社を探す。
    ○人が夢を持つと、目の前には必ず壁が現れる。
    重要なのは、『目の前にあるものに全力を注いで生きること』この生き方をするだけで、どこで何をしていても成功は約束されている。
    大事なのは、その船が何を目的として航海をするか。
    ○あなたの夢が実現した世界では、あなたは世の中の多くの人たちから必要とされ、期待され、その人たちの幸せな生活にとってなくてはならないものを生み出す貴重な存在として生きていることになる。
    あなたは何をして将来多くの人たちを幸せにしますか?
    あなたの活躍でどう変えますか?
    ○どうすれば、きれいな部屋がずっときれいなままいられるか。‘掃除を習慣化すること‘→自分を変えてくれるような本を読み、自分の意見を書き綴っていく→自分を磨くことができる。
    常に動き続けること→行動を始めること→転がる石に苔はつかない。
    ○夢を叶えるために、才能は必要ない。
    必要なのはやりたいという『情熱』。
    『情熱を頼りに生きることが決まったら、やるべきことは『行動』すること。

  • 読みやすくて学びのある小説でした。

    就職活動中の"大学4年生の主人公"と手紙のやりとりを仕事としている"手紙屋"の文通によるストーリー。

    『人生の大海原に漕ぎ出す時に、その船が誰のものか、自分が船長か船員か、船は大きいか小さいか、なんて実はどうでもいい。大事なのはその船が何を目的として航海するかだ。それこそが人生の目的であり、それさえあれば"今日を生きる"という確固たる生き方ができる。』
    というフレーズはとても印象に残りました。

  •  本書は小説でありながら自己啓発書であり、ビジネス書でもある。
    なんともクセが強そうですが、その三要素がシンプルにかつ高性能にまとめれていました。


     就活生である主人公が手紙屋という人と文通をするストーリーなのですが、その手紙の内容が人生の軸にしたいと思えるほど濃密なものばかりでした。

     主人公の悩みはストーリーを重ねるごとに変化していき、最初は「やりたいことが見つからないからどこに就職したらいいかわからない」→「そこそこ大手の企業に内定がもらえそうだからそこにしようと思うけど本当にいいのか?」→「安定した企業と魅了的なベンチャーどちらに就職すべきか」→、、、
    と言った具合の変化です。

     私が本書を読んでいて恐ろしさすら感じたのは主人公も読者である私も悩みが変化していることに気が付かなかったことです。まるで、朝方から朝になるように滑らかに自分のマインドがブラッシュアップされていきました。


     私が本書の中で好きな内容は二つありました。
    一つは「成功する人はラッキーだったと言わない」と言うものです。これは何かの成果、例えば英語のテストで100点をとれたことに対し、成功する人は死ぬほど勉強したから100点がとれたんだろうと考えます。

    対して山を張ってそれが当たって100点をとった人は「ラッキー」と言うでしょう。しかし、山が外れた時にその人は自分の努力不足ではなく運のせいにします。

    少々誇張が入りますが、私はこの教訓を「成功した時に『偶然』ではなく『必然』と思えるほど頑張ろう」と心がけました。


     好きな内容の二つ目は「夢を叶えられない人は『自分には才能がなかったから夢が叶わなかった』といい夢を叶えた人は『情熱を持ち続けたから夢が叶った』という」

     と言った教訓です。これも面白く、夢が叶えられないのは才能の有無という自分ではどうしょうもない要因ではなく、情熱を捨ててしまった自分にあると言うことです。「夢を叶えたいなら情熱を持ち続けろ」シンプルながら確信をついた表現でした。
    総評として、本書は上記のような非常に濃い学びを得れる一冊になっています。

     しかし、物語構成であり、ストーリーもほぼ文通でやりとりされているので、本書のほとんどが喋り口調です。なので、読書が苦手な方にもお勧めできます。

  • これはどのジャンルに当てはまる本なのだろう?
    小説、自己啓発本、ビジネス書?
    もし小説でないのだとしたら、小説以外の書物で泣いたのは人生初めての出来事だ。

    「働く」にたずさわる人だけでなく、
    人生の岐路にいるすべての人に読める一冊。

    "手紙屋"の綴る文章の中で、強い衝撃と共感をもたらしてくれた言葉がいくつもあって、これまでの挫折や壁を乗り越えた経験が輝いてみえた瞬間だった。


    *あなたは、今日から誰に、どんな称号を与えて生きていきますか?

    *倒れなかった者が強いんじゃなくて、倒れても立ち上がる者が本当に強いんだよ

    *でも、忘れないでください。どんなに大きな壁であっても乗り越えられないものはありません。一見無理なように感じても、自分から切り捨てたり、途中であきらめたりしない限りは乗り越えられるものなのです。別の言い方をすると、乗り越えられる壁しかあなたの前には現れてこないのです。

  • その人に合った生き方を教えられることは、すごいと思う。

  • 成功の鍵は才能じゃない。情熱。響いたなぁ。
    なんのために働くのか、就活に限らず生き方にもつながる本だった。

  • 少し前に大学受験を題材にした「手紙屋」を読んで凄く気に入り、本当はこっちが先に書かれていたんだけど、順番的には後に読んで良かったって思った。
    本当に喜多川さんの言葉は前向きな気持ちにさせてもらえる。
    読みながら息子に買ってあげようと思う私でした(最近読書に目覚めたそうだから)。

  • 手紙を10通お送りします。
    その手紙のやりとりで、主人公はどんな風に変わっていったのか…?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    就活がうまくいかない大学生・西山諒太は、ふとしたきっかけで“手紙屋”なるものの存在知る。

    手紙屋と10通分のやりとりをしていく諒太は、やがて人生や仕事を思っても見なかった視点から考え始める。

    そしてラストで明かされる手紙屋の正体とは…?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    この本は小説というよりも、自己啓発本に分類される1冊かもしれません。

    物語としての要素はとてもウエイトが軽く、メインになっているのは手紙屋と諒太の手紙のやりとりです。
    手紙屋はいわゆるメンターのような存在で、諒太が持ちえなかった視点を手紙の形でもたらしていきます。
    また諒太も、手紙を「書く」ことで、自分の思考を整理していき、段々と成長していきます。
    この本を読むと、「自分の感じていること、考えていることを書く」ことが、人生を歩む上で本当に大事なのだな、ということがわかります。

    ただその一方、小説として見てしまうと、どうしても話運びが易しく、手紙屋の正体も登場人物をひとりひとり並べていくと、かなり早い段階から推測できるでしょう。
    また、主人公・諒太もかなり素直な性格で、手紙屋の考えをスッと受け入れてしまい、“物語”としての起伏が乏しいように感じます。
    諒太の書く手紙は「優等生」のような回答にも見え、就活がうまくいかない方からみると「いやいや、考え方を教えてもらったからと言って、そんなカンタンに物事が運ぶわけないじゃん!」とモヤモヤするかもしれません。

    では自己啓発本としてみると、どうでしょうか。
    物語の起伏が少ない分、人生に疲れ果てすぎて本を読む力もほぼない、そんな人でもサラッと読める自己啓発本、と言うことができそうです。
    しかし、自己啓発本に読み慣れていたり、もっと突っ込んだ哲学のような内容を読みたい方には、易しすぎる内容とも言えるでしょう。

    このように小説としても自己啓発本としても“易しい”レベルの本書でありますが、なぜそのレベルなのか、ヒントは著者紹介欄にありました。
    著者紹介欄を読むと、「高校生を中心に英語を教える一方で、授業に取り入れるべく自己啓発の研究を続ける。」(引用)とあります。
    つまり、あまり本を読み慣れていない高校生でも読みやすく、これからの自分の人生を歩んでいくときのヒントとなる考え方を高校生や大学生に伝えるために書かれた本と見れば、易しさの理由も腑に落ちました。

    主人公・諒太とおなじように就活で行き詰まっている方は、モヤモヤするかスッキリするかは分かれるかもしれませんが、まずは手にとっていただき、手紙屋の2通目くらいまでをまず読んで、その先を読むか考えていただければと思います。

  • 図書館で手紙屋という題名に惹かれて読んだ。
    就職活動の青年が主人公で、手紙屋さんとの手紙のやり取りで青年が成長していく物語。読んでいくと意外な展開で感動が待ち構えていた。
    面白かった。
    社会人一年生になる頃にこの本に出会えた人は幸せだろうなと思う。
    印象に残った文章
    ⒈ 相手の持っているものの中で自分が欲しいものと、自分が持っているものの中で相手が欲しがるものとを、お互いがちょうどいいと思う量で交換している
    ⒉ 相手にこうなってほしいという「称号」を与えてしまうのです。
    ⒊ あなたの頭の中にいつも“天秤”を用意することです。
    ⒋ 多くの人から必要とされること
    ⒌ 今、目の前にあるものに全力を注いで生きる
    ⒍ 僕の航海の目的は、一人でも多くの人を幸せにすることです。
    ⒎ 失敗した人は才能を理由に挙げる。成功した人は情熱を理由に挙げる。
    ⒏ 私はあなたにこの手紙を書くために十年間この仕事を続けてきた。

  • 4.2
    若いうちにこの本に出会いたかった。
    そのくらい良い内容でした。
    今の私にはさすがに遅すぎるけど、自分の子供には勧めたい本です。
    人のために勉強を頑張る。自分が何かの役にたつかも知れないのに、勉強しなかった事で役に立つ事で恩恵に与れる人の機会が失われるというニュアンスのことが書かれています、これは若くなくても何時でも言える事と思います。
    仕事を頑張る気力をもらいました。

    • りまのさん
      リュウシャオロンさん
      おはようございます。フォローに答えて頂いて、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします!
      りまの
      リュウシャオロンさん
      おはようございます。フォローに答えて頂いて、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします!
      りまの
      2021/03/04
全706件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、東京都生まれ。
愛媛県西条市に育つ。
東京学芸大学卒業。
1998年、横浜市に学習塾「聡明舎」を創立。人間的成長を重視したまったく新しい塾として地域で話題となる。
2005年に『賢者の書』(ディスカバー・トゥエンティワン)を出版し、作家としても活動をスタートする。2作目となる『君と会えたから……』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は9万部を超えるベストセラーとなった。
その後も、『「手紙屋」 僕の就職活動を変えた十通の手紙』『「手紙屋」蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙』(いずれもディスカヴァー・トゥエンティワン)、『「福」に憑かれた男』(総合法令出版)、『心晴日和』(幻冬舎)など次々に作品を発表する。2010年に出版された『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』(サンマーク出版)は12万部を突破するベストセラーとなった。同作は映画化され2013年9月に全国公開となり、2014年9月からは台湾でも劇場公開された。

「2015年 『書斎の鍵 父が遺した「人生の奇跡」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜多川泰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
瀬尾 まいこ
伊坂 幸太郎
万城目 学
瀬尾 まいこ
麒麟・田村裕
アレックス・ロビ...
東野 圭吾
白石 昌則
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×