自分と向き合う心理学-意志心理学入門 (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.00
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 29
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887595774

作品紹介・あらすじ

私たちは、日常で感じるフラストレーションを「嫌なもの」として目をそむけがちだ。しかし、それ自体が悪いわけではない。フラストレーションを「欲求不満」ではなく「自分の見通しが外れた意外感」と捉え直せば、そこに現実が思いがけない「新鮮な切り口」を見せていることに気づく。すなわち、フラストレーションは今の自分のあり方の向こう側への道があることを指し示しているのだ。再評価の機運のあるアメリカ心理学の巨人W・ジェームズによる《意志心理学》に基づく、希望の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014/7/29 引用ばかりで、何が言いたいのかよく分からなかった。

  • 小難しい話がつらつら書いてあった。本自体も読みにくく、内容もあまり入ってこない本であった。

  • フラストレーションの新たな定義、それは爆発を待つマグマではなく「意外感」?というちょっと変わったアプローチの本です。
    何だか禅問答・・・というより、現実を見る新たな手掛かりへ。アプローチとしては決して癒し系と似ても似つかない。かなりドライなので人を選びます、そこだけは注意。

  • つまらん。論理療法となにが違うん?

  • 大学教授が書く本は読むのが難しいんだよなぁ.

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする