「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)

  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.26
  • (30)
  • (94)
  • (220)
  • (33)
  • (10)
本棚登録 : 782
レビュー : 169
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596238

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「女性はみんな自分磨きをしていて素敵なのに、最近の男は草食系ばかりでだらしがない」っていう著者の根拠の無い自信はどこから来るんだろうか。

  • 山田昌弘氏の箇所のみ読了。

    恋愛も自由化が進んだものだ。

  • 若い頃、不倫で深い傷を負った、白河桃子先生のルサンチマンが爆発(あくまで推測)

  • 白河さんとは意見が合わない。この人は数字の分析はできても、人間関係をうまくいかせる恋愛カウンセラーではない。
    ルールズについては、表面だけにふれ(お高い女としてツンとしている等。ルールズを実行すれば、それが女の忍耐による、険しい大和撫子道であるかがわかるだろう。この人は実践していないから、理解していない)「日本の男性には逆効果。女から声をかけなければ何も始まりません。」確かに、女から声をかければ、何かは始まるかもしれません。でも、その行き着く先は??という事。その先が「幸せな結婚」かどうか、というのが本当に疑問である。
    例えば、引用ー
    40歳を前に、出産の限界もあり、そろそろけじめをつけたいと、自分からプロポーズをしました。その人の場合、その男から答えを聞けないまま「できちゃった」婚となり、めでたしめでたし、となりましたが、このケースのように偶然「できちゃった」になるとは限りません。

    まず、男がプロポーズをされた時点で即答でイエスの答えを出せなかった、というのは「結婚したくない」という意味である。それを、「聞けないまま」って、ただ女がフラれてるのにずるずる、付き合ってるだけ。しかも、「できちゃった」で結婚して、めでたしめでたし、ではないと思う。男は絶対に結婚を望んでいなかったと思う。その結婚生活が本当に幸せに続いているのか?ときちんと取材してくれ。結婚=ゴールでめでたし、で終わらせないでくれ。
    しかも、”「偶然」できちゃった”と書いているけど、「できちゃった」のは、偶然では、ない。避妊をせずにセックスをした、いう選択の結果である場合がほとんどだろう。
    「できちゃった」=偶然という考えがおかしい。女が結婚したくて、策略した、男がそれに引きづられた。そして男は「ハメられた!」と思った事だろう。

    数字を用いているし、その数字は正しいだろう。しかし、そこから導きだされる分析「だからこうしなさい」はひどく素人じみている。
    「婚活」という言葉を流行させ、結婚はぼーっとしてても、できない、活動しなければ、という警告を世間に出した功績は大きい。しかし、そこから出される答えがあまりにも子供じみていて、残念だ。「婚活」=この考え方、という意味では使われないでほしいと思う。

  • 安っちぃ新書が1000円て・・・。内容もまとまりのないひどいもの。白河桃子が出す事例が雑多で特異で、山田昌弘の分析・主張とかみ合ってない。

著者プロフィール

山田 昌弘(ヤマダ マサヒロ)

1957年、東京生まれ。1981年、東京大学文学部卒。
1986年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
現在、中央大学文学部教授。専門は家族社会学。コピーライターとしても定評がある。
NPO全国地域結婚支援センター理事

【著書】
『パラサイト・シングルの時代』『希望格差社会』(ともに筑摩書房)、『新平等社会』『ここがおかしい日本の社会保障』(ともに文藝春秋)、『迷走する家族』(有斐閣)、『「家族」難民』(朝日新聞出版)などがある。

【公職】
•内閣府 男女共同参画会議・民間議員
•文部科学省 子どもの徳育に関する懇談会・委員
•社会生産性本部 ワーク・ライフ・バランス推進会議・委員
•厚生省 人口問題審議会・専門委員
•経済企画庁 国民生活審議会・特別委員
•参議院 調査室・客員研究員
•東京都 青少年協議会・委員
•同 児童福祉審議会・委員
•内閣府 国民生活審議会・委員
などを歴任。

「2016年 『結婚クライシス 中流転落不安』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「婚活」時代 (ディスカヴァー携書)のその他の作品

山田昌弘の作品

ツイートする