勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.52
  • (169)
  • (342)
  • (576)
  • (54)
  • (12)
本棚登録 : 2946
レビュー : 345
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596399

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【内容】
    ビジネス思考力を身に付ける。
    そのために
    ①論理的思考力
    ②水平的思考力
    ③視覚化力
    ④数字力
    ⑤言語力
    ⑥知的体力
    ⑦偶然力
    を身につけようという内容。

    【読後感】
    この本は良かった。最初から全部は意識してできないので、必要なところから徐々に。
    本とは関係ないけど、勝間さん個人は好きになれないんだよなぁ(笑)

  • 漠然と捉えていたフレームワークとは何なのかがよくわかった。
    統計を勉強しよう、数字を意識して過ごそうと思った。
    全体的に好感の持てる本。

  • 私が今まで経験した麥然とした考えを纏めるきっかけの本となりました。非常に体系的に事例も交えて端的に濃縮されて書かれている本です。垂直水平思考、視覚数字言語力、知的体力偶然力などフレームワークとして、これからの思考力手助けとなる良書だと感じました。コンサルタントを経験している人は自分の考えを纏めるのに良い本です。コンサルタント経験がない人には経験したことがない分、中々思考の整理ができないと思いますが、自分自身の思考を高いレベルに持っていく良いきっかけにな本だと思います。私のバイブルとなる本です。

  • フレームワークという考え方の枠組みが図表でまとめてあるページがかなり役立ちます。
    そして、この基本を身につけながら、実践→失敗・成功→立て直し→新フレームワークの確立の流れを通して、勉強・遊び・仕事etc…何にでも使える考え方が身につきます。
    文字も大きめでわかりやすく書かれているので、すんなり読むことができるビジネス書です。

  • フレームワークを使いたいとは思った。
    でも、単純に最後の信頼から始めるに響いてしまった。

  • 内容が具体的で濃く感じた。

  • メディアマーカー、読了RSSから興味。

  • ロジカルシンキングについて、わかりやすくまとまっている。

  • 頭の整理

  • ビジネス思考力の全体像を定義し、階層ごとに基本テクニックと実践方法が提示されていて、読み易かった。自分が今後すべきことについての示唆も得られ、非常に満足。あとは実践あるのみである。

全345件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。経済評論家、中央大学ビジネススクール客員教授。慶應義塾大学商学部卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科MBA。当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。現在、株式会社監査と分析取締役、国土交通省社会資本整備審議会委員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。


「2018年 『When 完璧なタイミングを科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践のその他の作品

勝間和代の作品

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践を本棚に登録しているひと

ツイートする