おりがみで学ぶ図形パズル

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
4.45
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596474

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 折り紙を使って図形パズル。
    なかなか頭使います。まだ途中ですが、難易度が設定されていて、長男(10)は楽しんでいます。

  •  これ、なかなか面白い。
     中学の数学で図形の問題やその証明問題がありましたが、私はそういうのは苦手でした。
     強引に計算で解いていくタイプの問題の方が好みでした。
     しかしこうやって折り紙を使ってゲーム感覚でやっていくと、面白いものです。
     折った紙を開いて折り目を見て考察するのも非常にセンスが磨かれます。
     これ、“補助線”ですよね。
     最後の方では、分数計算を折り紙を使って理解する方法。
     私は公文式をやってたこともあり、分数の計算については意味を考えずにやり方だけ覚えて強引に計算していました。
     こういう意味があったのかと目からうろこ状態です。
     中学数学で図形をやる時は、本書を参考書として使うべきだと思います。
     そういえば、私は立体図形はもっと苦手でした。
     立体図形もこんな風に分かりやすく理解できる方法はないものでしょうか。
      http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20160301/p1

  • けっこうむずかしかった。。
    もっと大きくなってからやってみたい

  • 折り紙という新しい切り口を使っての算数パズル

    大人にはちょっと物足りないかもしれないけどそれなりに思考力を必要とし、またこれから算数を学ぶ子供にはもってこいの本。

全4件中 1 - 4件を表示

山口榮一の作品

ツイートする