非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門 (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.49
  • (19)
  • (38)
  • (55)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 590
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887596795

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作文や小論文を書くときに役立つ本です。
    もともと作文が得意な人にとってはもしかしたら基礎的すぎるかもしれません。でも、作文が大の苦手で、書いても書いても話がまとまらない私には、ぴったりでした。
    書いてあることは簡単なことですが、これを読んで、私の文章はみちがえるように上手くなったと思います。ちょっと感動しました…。

    著者はこの本で「クイズ文」という書き方を提案しています。クイズ文は、問題→結論→理由の順で文章を構成したもので、自分の考えを読者に正確に伝え、理解してもらうための書き方です。この場合の自分の考えとは、主観的な感想ではなく、客観的な証拠に基づくもの、問題に対する提案のようなものです。

    この本は、著者といっしょにクイズ文を作っていく、という構成になっていて、練習問題もたくさん入っています。
    実際にやってみたところ、自分の言いたいことがちゃんと伝わる、それなりに説得力のある小論文が書けるようになったので、私は満足です。

    また、クイズ文の書き方のほかに、ディベートの概要や資料の集め方にも触れています。
    著者もそう書いていますが、ちゃんとやろうと思ったらこの本では不足でしょう。でも、要点や基本だけが書かれているので逆にわかりやすいです。この本を読んだ後でより専門的な「ディベートのやり方」「資料の集め方」の本を読むと、理解しやすいと思います。(著者のオススメも示されています)

  • タイトルに惹かれて購入に至ったのですが、おもしろいっ( ´ ▽ ` )ノ

    『クイズ方式』という発想が自分にピッタリでした(^-^)/

    この本自体も面白いんですが、この本を読んでから二次的に創作されるモノであったり、考えが面白いと思いました♪

    いやぁ~色々考えてみようと思ってしまう一冊です( ´ ▽ ` )ノ

  • 結構前に読んだ本。

    自分が、というよりは、人に指摘指導するときにかなり使えると感じた。
    書かれているパターンのどれかに、対外ピッタリはまってる。どうやってもうまく文章が書けない、指摘がなくならない、って人にオススメ。

  • 論理的な文章を書くにはどうすれば?
    そのためには、問題提起→結論と流れ、
    その結論に至った理由、その理由の根拠を示す、
    そうクイズ文のような書き方をすればよい。

    また、根拠については、
    インターネットや文献等を調べ、
    正確な情報を載せる必要がある。

    最後に、論理的な文章には、
    反論がつきもの。その反論を推測し、
    あらかじめ反論を論破するための回答、資料を
    用意しておくとより分かりやすい文章になる。

    簡単なようでいて、慣れないと難しい。
    でも入門としては分かりやすいです。

  • 英語の授業で
    論理的な文章の書き方を勉強中なので
    何かのヒントになればと思って購入♪

    すごくいい!!

    すぐに使えるポイントが満載〜

  • 自分の考えを明確に相手に伝えることのできる文章というのは、簡単なようで難しい。
    文章構成ができていない、または構成はいいが、何を言いたいのかよく分からない、
    そのような文章は様々な場所で見ることができる。

    この本では、自分の考えを確実に伝え、はっきりと理解してもらえるような文章を書くには、
    問題⇒結論⇒理由の三つを備えた文章を書けばいい、としている。

    もちろん、いきなり問題を読者に投げかけても伝わらないので、上記の文章の三要素に
    プラスしなければならない要素はあるのだが、それも文中で述べられているので、心配はいらない。

    私は、読者の視点として、筆者のすすめるこの要素で書かれた文章は、大変読みやすく、
    かつ、問題・理解を共有しやすく、相互理解が高るので、私自身も実践していきたいと感じた。

著者プロフィール

飯間浩明(いいま ひろあき)
1967年、香川県出身の日本語学者、辞書編纂者。『三省堂国語辞典』編集委員。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得。代表作に『辞書を編む』があり、その他著作も国語辞典や日本語にまつわるものが多い。

飯間浩明の作品

ツイートする