超訳 ニーチェの言葉

制作 : 白取 春彦 
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.84
  • (555)
  • (759)
  • (532)
  • (111)
  • (43)
本棚登録 : 7298
レビュー : 756
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887597860

作品紹介・あらすじ

あなたの知らなかったニーチェ。今に響く孤高の哲人の教え。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 超訳ってちょっと邪道ー!って思っていたけど、元ネタの原作だと分厚いし読む暇ないし…、真鍋かをりさんも推していたから読んでみたけど、本当にストレートでさっぱりしていて、シンプルでわかりやすいし楽しかった。実に豪快な作品&訳だな…と思った。

    何よりもこんなに過去の偉人なのに、「わー私と似たような…同じようなことを悩んでいたんだなぁ~」と思うとおかしくって。そして心強くって♪そしてアドバイスが的確なので読んでいて、とても楽しかったです。

    「人づきあいをすること。書物を読むこと。情熱を持つこと」に尽きるんだな。=213ページ=

    「己」「喜」「生」「心」「友」「世」「人」「愛」「知」「美」について。

    「愛について」なんてすごく感動してしまいました。読んで良かった。「ツァラトゥストラはかく語りき」読んでみたいなと思った。

  • 『超訳』というだけあって、ものすごく分かり易い。哲学者の難しい言葉というよりは、尊敬している先輩に深いアドバイスをもらった、位の感覚で読み進められる。ニーチェの持論もシンプルかつ明快で気持ちがいい。一番共感できたのは、『疲れているときに悩んだり考えたりしてもマイナス思考にしかならないから先ずは休め、寝ろ』というくだり。まさに、ニーチェ先輩の言うとおりである。

  • 一つ一つの言葉から勇気をもらえたり、過去の行動に反省させられたりします。印象に残っている言葉は「安定志向が人と組織を腐らせる」と「持論に固執するほど反対される」です。我が道を行くタイプの私としては、前者の言葉に共感できる一方、後者の言葉に反省させられます。自分を振り返る際に本書を何度も読んで、心を整理したいと思います。

  • こういう本好き。

    一つ一つの言葉が胸に突き刺さった。

    今求めてるものや、自分でも気付かなかった事に気付ける本。


    オススメです。

  • ■哲学
    ①初めの一歩は自分への尊敬から。自分を尊敬すれば悪いことはできなくなる。
    ②他人がどう思っているかに関心が向くと、嫌われているのに部長だの先生だのと言われることに快感をもってしまう。
    ③自分の「なぜ」を知れば道が見える。
    ④始めるから始まる。すべてのことは危険だ。しかし、はじめないと始まらない。
    ⑤人生は短い。私たちが何かをするチャンスはいつもこの瞬間にしかない。そして、限られた時間の中で何かをなす以上、何かから離れたり、捨てなくてはならない。
    ⑥人生を安楽に過ごしたいなら群衆に群れるがいい。そのうち群衆の中で自分というものを忘れ去ってもいいのなら。
    ⑧死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。いつか終わるのだから、全力で向かっていこう。
    ⑨飽きるのは自分の変化が止まっているから。
    ⑩疲れたら、考えない、思わない。
    ⑪悪や毒こそが、人に克服する機会と力を与え、人がこの世を生きていくために強くしてくれるものなのだ。

  • 未熟な自分には少し崇高な言葉すぎたか、あまり心に響かなかった。言葉で言うとその通りなんだけど、そうはなかなかできない。
    <切れ者でありながら鈍くさくあれ>が唯一こころに残った。
    時間をおいて再読したら、また少し感じ方が違うかも。

  • タイトルに「超訳」ってあるけれど、オリジナルのドイツ語をどんな言語に翻訳しようとも、必ずニュアンスの違いは生じるもの。
    普通の翻訳とどう違うのか、一切説明がないのは不親切。
    実は、ニーチェの名前を借りて俺の哲学を語っているなんてことはないでしょうね。^m^

    一時期流行った書物らしい。
    今の若い人たちがこのニーチェの発した言葉の断片を読んで、何を感じるのだろうか。
    自分はニーチェを理解した気になるのだろうか?

    19世紀末を生きた哲学者である。
    情報あふれる現代の若者が読んで、その言葉を素直に受け取るとは信じられない。
    己について、友について、心について、愛について・・・などなどがまとめられているが、今の若者とラップする部分は少ないんじゃないかと思う。

    ニーチェの問いかけはあまりにも純粋、時代遅れ、いや甘いとさえ読めるからだ。
    ぼくの歳の人間が読んでも、55歳で亡くなった彼の言葉に幼さを感じてしまうところも多い。

    でも、好きだなぁ~~~
    彼の生真面目さが好きだ。
    彼の純粋な気持ちが好きだ。

    100年以上の時間を飛び越えて、彼の言葉には親しみが持てる。
    この辺の良さを現代の若者たちも感じてくれているのならうれしい。

  • 言葉には、力がある。
    人をほっとさせ、勇気づけ、慰め、元気をくれるような。
    そんな言葉が、本が、好きだ。
    哲学を勉強したい。

  • 自分の思考にはあるのだけど、うまく言葉にできないことをきちんと言語化してくれている。そうなんだと思う言葉に助けられる。くよくよしたら、悩んだら、休めば良いのだ。疲れているだけなのだ。

  • ニーチェが書いたあらゆる書物の一部を取りまとめたもので、1頁ごとに内容が切り替わるので、読者初心者の私にも読みやすい自己啓発本。
    代表作は『ツァラトゥストラはかく語りき』みたいだけど、私のオススメは『人間的な、あまりに人間的な』。

    以下が特に心に残った二つ。

    『すべて、初めは危険だ。しかし、とにかく始めなければ始まらない。』ー人間的な、あまりに人間的なー

    『今この人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないという生き方をしてみよ。』
    ーツァラトゥストラはかく語りきー

    July, 18, 2014

全756件中 1 - 10件を表示

超訳 ニーチェの言葉のその他の作品

超訳 ニーチェの言葉に関連する談話室の質問

超訳 ニーチェの言葉を本棚に登録しているひと

ツイートする