経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.86
  • (35)
  • (73)
  • (49)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :690
  • レビュー :70
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887598362

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 会社における会計について、ストーリー仕立てで読めるように解説した本でした。

    ストーリー仕立てというとお馴染みなのは、わからん人な人と疑問に答える人とが掛け合う格好になりますが、本書も例に漏れません。
    出てくる用語は高校政治経済を学んだものにとってはおなじみ。
    でもそこまで突っ込んだ小難しさはない。すると、簡単な用語でつまずくと読みにくいでしょう。

    私は自営業をする際の税や会計や出納や管理等の話が知りたかったのですが、会社が舞台でしたので、ちょっと掴みにくくて残念。

  • 国税庁などで税務調査などを行い会計に精通した著者が架空のアート商会という会社を舞台にしてビジネスマンが身に付けておくべき会計の知識を書いた一冊。

    非常に解りやすくて、会計や数字に苦手意識がある人も抵抗なく読めると感じました。
    簿記などの勉強では決して見えない会社の経営の視点からみる会計というものが本書を読んで理解できました。
    管理会計→財務会計→税務会計の流れと違いや実務でも使う会議費と交際費の区別などは本書で深く理解することができました。
    あと、著者が専門としていた税務会計については詳しく書かれており、知識の部分はもちろん日本の税制の問題点などもわかり、非常に勉強になりました。
    また、輩出利益、重要指数など著者が使っている独特の表現も出てきて、普段難しく捉えがちな会計のスキルの理解も進みました。

    著者がもともと在籍していた国税庁での経験を踏まえての税務調査のこと、そしてあとがきには本書が分かりやすく、実践的であるようにしたいことが伝わってくる著者のエピソードも書かれていたりと今までの会計の解説本とはまた違った一面も感じることができました。
    本書は会社の経営のための手段としての会計の本質が理解できる一冊だと感じました。

  • 利益は差額概念。利益は目に見えません。常に、売り上げと経費の差額によって計算されるものです。利益と手元にあるキャッシュとは違うのです。p.66

    粗利は多ければよいというのは間違いありませんが、その粗利でまかなわなければならない費用を知っておくべきです。簡単に算出するには、会社全体の「販売費及び一般管理費」を営業職(売り上げ予算を持っている職種)の人数で割ってひとりあたりの費用を出す。

    「すべての取引は、「資産」「負債」「純資産(資本)」「費用」「収益」の5つの要素のうちのどれかで成り立っています。」(中略)「現金が増えた」「減った」だけではダメなのです。その原因も帳簿に記さなければなりません。これは複式簿記の基本的な考え方です。複式簿記は、すべての取引を2つの側面からとらえて、「資産」「負債」「純資産(資本)」「費用」「収益」の5つに分類します。「仕訳」とは、これら5つのうち2つを組み合わせて取引を記録することです。p.130

    売上高に対する営業利益の比率(売上高営業利益率)を見れば、本業の効率性がわかります。p.136

    B/Sは、「この会社はちゃんとお金を払ってくれるか?」を見るのに役立ちます。(中略)流動資産より流動負債のほうが大きかったら危険!と思っておきましょう。p.137

    会計の世界には、「会計は意見をあらわし、現金は真実をあらわす」という格言があります。

    営業活動によるキャッシュフローのプラスと、投資活動によるキャッシュフローのマイナスを合計してプラスになっていれば理想的です。p.178

  • 会計知識の必要性を感じ日商簿記2級の資格を取得したものの「経理以外の人」なので仕事で使う機会が無く、せっかく得た簿記の知識が錆付いて忘れ去られていくのが嫌で、何かいい本は無いかと探していて出会った本。ストーリー仕立てで会計の基本の部分を本当にやさしくわかりやすく教えてくれる。ストーリーもおもしろいし「経理以外の人」には是非お勧めしたい本。逆に著者も語っているが「経理の人」には簡単で当たり前の話なのでお勧めしない。勉強の本でこんなにスッキリ面白い本は初めてかもしれない。

  • まさに題名の通り。
    「経理以外の人のための 日本一やさしくて使える会計の本」

    専門用語なんかも全然出てこないし、
    主人公も何も知らない奴だし、
    多分考え方の基礎という感じなのかな。

    「使える」の部分はまだ疑問符がつきますけど。

  • 参考になったこともあるけど、イマイチよくわかんない。
    会計の勉強の入り口にはなるかも・・・
    実物の著者は結構態度がでかくて感じが悪かったけど、あとがきを読んだら苦労してるみたいで、見直した。

  • シンプルでわかりやすい。読みやすい。
    管理、財務、税務会計がおおわく理解できる内容だった。

  • 会計の流れ(管理会計➡財務会計➡税務会計)や、ありがちな間違いなどが分かりやすく説明されている。特に管理会計についてはその目的やあるべき利用方法を改めて考えることができた。

  • 会計の必要性を根本的に教えてくれる。ただ、BS•PLとかについてはもう少し説明が欲しかったところ。
    職場の決算対応への嫌気が少し減ったので、そこは大きかった!笑

  • 営業目線且つストーリー仕立てで進むので、内容が掴みやすかった。

全70件中 1 - 10件を表示

経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)のその他の作品

久保憂希也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
堀江 貴文
ウォルター・アイ...
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)はこんな本です

経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本 (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

ツイートする