アイヒシュテットの庭園―バシリウス・ベスラー植物図譜精選画集 (タッシェン・アイコンシリーズ)

  • タッシェンジャパン
3.11
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887830707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タッシェンのアイコンシリーズ。ハンディなA5サイズです。
    「アイヒシュテットの花譜」は大変著名な花譜で、大きさも銅版画では最大クラスなのだそう。
    ニュルンベルクの高名な薬剤師で植物学者だったベスラー(1561-1629)は
    熱烈な園芸愛好家であったアイヒシュテット司教コンラート侯に招かれて
    ヴィリバルトブルク城内にある庭園の管理と、植物図譜をつくる仕事を任されます。

  • 「アイヒシュテットの庭園」を読みました。植物の細密画を見て楽しみました。この本は、17世紀初頭、ドイツで出版された植物図鑑「ホータス・エステテンシス」の解説と掲載図の抜粋の書です。訳文はよくありませんが、図は見とれるほどに見事です。
    ドイツにヴィリバルトブルクという城があり、アイヒシュテット代々の領主司教の居城として14世紀に建てられました。16世紀末のシャウムベルク司教は見事な庭を造り上げました。作者バシリウス・ベスラーは、この庭園の植物を季節ごとに分類、描画しました。カラー版は当時、家一軒が買えるほどの価格であったそうです。

全2件中 1 - 2件を表示

アイヒシュテットの庭園―バシリウス・ベスラー植物図譜精選画集 (タッシェン・アイコンシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする