ロベール・ドアノー (アイコン・シリーズ)

  • タッシェン・ジャパン
4.03
  • (16)
  • (6)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887832336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日常の写真、って好きです。やっぱりモノクロはかっこいい。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「日常の写真」
      特にドアノーは、温かなユーモアがあって良いですよね!(私は図書館で岩波書店の「パリ」を借りて眺めてます)
      「日常の写真」
      特にドアノーは、温かなユーモアがあって良いですよね!(私は図書館で岩波書店の「パリ」を借りて眺めてます)
      2013/05/11
  • 街中で人間観察してると、ときたま思わぬ光景に出会えることもある…
    自分もおんなじ人間なくせに、人間ておもしろいもんだと異星人みたいな視点でボーとみてる。

    この写真集もそんな街をゆく人への興味のまなざしに溢れた一冊。
    パリという街の日常を、ここまでドラマティックで印象的な物語に仕立て上げてしまうRobert Doisneauは、毎日とても強い好奇心に駆られて、町の人々をよく観察していたに違いない…

    表紙の写真は演出写真だったというのは現在は正真正銘の事実だけど、男女の見せる自然な仕草にはDoisneauの手腕が垣間見える。そうした意味では、報道写真のような厳正さよりも、ファッションフォトのように背景にあるストーリーを浮き彫りにする演出が得意であった。

    Doisneauはあくまでも被写体の非演出的な瞬間をとらえるという姿勢を貫いたHenri Cartier-Bressonらとは異なるけれども、本質をとらえるという点では、やはり報道写真の姿勢を継承していたともいえるのかもしれないとも思う。

    それはBressonらマグナムがメッセージ性を重視したのに対し、ストーリー性を大切にしたDoisneauの姿勢を表しているのかもしれない。

  • 僕が初めて買った写真集

    「市庁舎前のキス」
    女性の体の曲線って素敵なんだと
    知ってしまった

  • 「市役所前のキス」で有名なフランスの写真家。
    何気ない日常を撮るのが本当に上手です。
    思わず微笑んでしまうものから、パリの人々の暮らしがすぐそばにあるような感覚になるものまで。

    自分で現地へ出掛けるのもいいですが、この方から見たパリはきっともっと楽しいはずです。

  • 木屋町の本屋の店頭に、
    在庫処分セールで置かれていて
    安く手に入ったもの。

    「市役所前のキス」
    この写真はもちろん
    どれも魅力的

    ごく自然な日常風景を
    ごく普通の市民たちを
    これほどいきいき捉えられるのはすごいなぁ

  • gift 07/12/23

  • モノクロは嘘がつけない。もう、構図が全ての世界でドアノーの何でもないパリ、何でもない日常がひしひしと伝わってきます♥市役所前のキス以外にも素敵な写真がいっぱい!!ピカソの写真なんかユーモアたっぷりですょねw

全9件中 1 - 9件を表示

ロベール・ドアノー (アイコン・シリーズ)のその他の作品

Robert Doisneau ペーパーバック Robert Doisneau ジャン=クロード・ゴートラン

ジャン=クロード・ゴートランの作品

ツイートする