フランシス・ベーコン BACON

  • タッシェン・ジャパン (2007年4月15日発売)
3.94
  • (7)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 54人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784887833098

フランシス・ベーコン BACONの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 酩酊しながら見るフランシス・ベーコン。

    フランシス・ベーコンは見る者を許さず、存在論的な痛みを与える。ベーコンの絵画に許されようなどと思ってはいけない。決して許さない。そして、その許されなさに身を浸らせられることによる甘美さを得るのがベーコンの作品に触れるということだ。

    繰り返す。フランシス・ベーコンは許さない。

  • 自分のすきな人や物をほどいていくと
    とにかく何度も何度もぶち当たってしまう。
    逃げられないなあ と観念したのは
    割と最近のことです。

    わたしの中ではとりあえず
    恐怖感 のイメージが、猛烈。
    遠近のとち狂った空間の中で肉の塊がとろけている様は
    人の頭の中で流動性を持って漂うイメージを
    キャンバスの上へ極限まで新鮮に取り出しているように感じます。
    リンチが敬愛する画家だというのも納得。

    この本は解説がやたらに哲学的でした。
    和訳が死ぬほど読みにくいけど、面白かったです。
    ベーコンがゲイだったのは意外。

  • 素敵。好きな画家さん。

  • たしか、昔上野でオリジナルを観た。
    「この人なんて皮肉屋さんなんだろう」と、その批評精神にたじろぎ、強烈なテクニックに唖然としたっけ。

    本を開いて、ああ怖いと閉じてしまった。
    絵画が絵画であることの意味、絵画しかできない表現・・。

    座右の画集だ。

  • 解説がわけわからんちんなこと言ってるけど、ベーコンの作品自体は最高です。

  • いわずもがな 不穏です。
    見ていると不安になります。人を選びます。

  • 秩序のあるカオス。
    哲学者フランシス・ベーコンではありません。画家のほうのフランシス・ベーコンです。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
ショーン・タン
ポール・オースタ...
ヘルマン ヘッセ
坂口 安吾
ドストエフスキー
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

フランシス・ベーコン BACONはこんな本です

ツイートする