ヘーゲルのフィヒテ批判と1804年の『知識学』

  • ナカニシヤ出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888486064

作品紹介・あらすじ

ヘーゲルのフィヒテ批判を通して、フィヒテ後期哲学の独自な知の体系を考察。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ○ ヘーゲルのフィヒテ批判を通して、フィヒテの哲学変遷を述べた書。山内さんの著で『フランス革命論』のフィヒテからヘーゲルに至る変遷を述べた『ヘーゲル哲学体系への胎動―フィヒテからヘーゲルへ』というのもあるが個人的には、ルートヴィヒ著のほうが面白かった。ただ深いヘーゲルへの理解が無ければ、この訳書は完成しなかったのもまた事実である。フランス革命までの歴史的背景やジャコバン独裁への政治的バックボーン、ヨーロッパ王党派などの動きがある程度わかっていないと読みづらいかも。

全1件中 1 - 1件を表示

ルートヴィヒ・ジープの作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×