ビジネス倫理学―哲学的アプローチ (叢書 倫理学のフロンティア)

制作 : 田中 朋弘  柘植 尚則 
  • ナカニシヤ出版 (2004年11月発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888488945

作品紹介・あらすじ

ビジネスシーンの倫理問題を哲学的に探究。生命・医療、環境、情報、工学技術など、諸分野での具体的問題を踏まえ、新・応用倫理学としてビジネス倫理学の構築を目指す。

ビジネス倫理学―哲学的アプローチ (叢書 倫理学のフロンティア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 各論とでもいうべきいくつかの章から成り立っています。専門職たる医師と倫理は「白い巨塔」を思い出しました。企業の環境対策、内部告発、私的所有と共有の狭間など正に今、マスコミを賑わせているテーマが続きます。特に内部告発については当社でも制度が出来ましたし、先日はNHKへの政治圧力問題が社内告発から話題になりました。「告発は正義」でありながら何ゆえ、私たちが素直に肯くことが難しいのか、それが本当に正しいことなのか?との分析には考えさせられます。確かに告発者が真剣に悩んで告発しているケースが果たしてどれほどあるのか、と思わされるからです。

  • ビジネス倫理学は現在伸びのある分野ですが、誤解されやすい分野でもあります。企業内における個人の「倫理感」を押し出したものが、「企業の倫理」として紹介されることも多く、ビジネス倫理学の著者たちはそういうものとも闘っていると考えられます。
    この本を書いているのは若手の著者たちであり、非常に挑戦的な視点を持っていると思いました。新しい分野には柔軟な発想とともに野心も必要だと思います。「ビジネス」ではなく「倫理学」に興味ある人にぜひ読んでもらいたいです。

全2件中 1 - 2件を表示

ビジネス倫理学―哲学的アプローチ (叢書 倫理学のフロンティア)はこんな本です

ビジネス倫理学―哲学的アプローチ (叢書 倫理学のフロンティア)を本棚に登録しているひと

ツイートする