おれ にんげんたち―デルスー・ウザラーはどこに

著者 :
  • ナカニシヤ出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888488976

作品紹介・あらすじ

探検家アルセニエフの生涯とその足跡をウスリーのタイガにたずね、豊富な資料を駆使して、二人の友情、自然と人間のかかわりを探究する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『渡りの足跡』(梨木香歩/著、新潮社)で、何度か引用されていた本書。
    こちらも気になって読んでみました。

    人間の野性を残し自然の一部として生きた猟師、デルス・ウザラ。
    彼と同じように生きる人々が、沿海州にはまだ暮らしているのではないか。
    その思いから、著者の岡本武司氏がウラジヴォストックを拠点に、沿海地方の先住民族に関する調査を行った記録が本書です。

    探検家アルセニエフの著作にあるデルスの姿は、アルセニエフの創作である部分もあるようなのです。(ロシアではその見解があたりまえなのだそう)
    本当にデルス・ウザラはいたのだろうか。
    実際にはどんな人物だったのだろうか。
    美しい心を持ったデルス・ウザラの、より飾られていない姿を見たいという岡本氏の想いの強さが感じられました。

    デルスの最期はショッキングでしたが、1900年代前半のロシア革命期、アルセニエフとその家族を襲った運命はさらに衝撃的でした。
    時代に翻弄されたとした言いようのない悲劇に、言葉が出ませんでした。

  • おれたち にんげん
    ではないのでした。
    自分は、動物や 自然と 同様なのだという
    デルスの姿 
    心つかまれます。

全2件中 1 - 2件を表示

おれ にんげんたち―デルスー・ウザラーはどこにを本棚に登録しているひと

ツイートする