雑誌出版ガイドブック

著者 :
  • 日本エディタースクール出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888882996

作品紹介・あらすじ

雑誌はどのようにつくられ、読者の手元に届くのか、雑誌出版の具体的な編集工程や仕組み、業務内容、流通形態などの現況をわかりやすく解説します。編集者の仕事をはじめとする雑誌出版の全体像を描き出し、マスコミ志望の大学生、出版社の新入社員に最適のガイドブックです。

著者プロフィール

橋本 健午(はしもと けんご)<br>1942年、中国大連生まれ。66年、早稲田大学第一文学部露文学専修卒業後、出版社・新聞社の編集や作家助手等を経て、82年、(社)日本雑誌協会に勤務(併設の出版倫理協議会事務局も担当、95年12月退職)。<br>ノンフィクション作家、日本エディタースクール講師、日本出版学会会員。<br>URL:http://www19.u-page.so-net.ne.jp/wj8/kenha/<br>〔著作等〕<br>『熱球のポジション—“日米大学野球”の青春譜—』(共著・情報センター出版局)/『父は祖国を売ったか—もう一つの日韓関係—』(日本経済評論社)/20世紀の群像(1)『梶山季之』(日本経済評論社)/『わかりやすい仕事文を書く』明日香出版社/20世紀の群像(3)『バーコードへの挑戦—浅野恭右とその時代—』(日本経済評論社)/『雑誌出版ガイドブック』(日本エディタースクール出版部)/『会社や職場で必要とされる言葉づかいとマナーが3時間でマスターできる本』(明日香出版社)/『韓国・朝鮮と向き合った36人の日本人』(共同執筆、明石書店)/Web論文『「(歴史を)よく知る必要がなぜあるのですか」—危うい日本人の歴史認識—』など。

「2002年 『有害図書と青少年問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本健午の作品

ツイートする
×