校正記号の使い方―タテ組・ヨコ組・欧文組

制作 : 日本エディタースクール 
  • 日本エディタースクール出版部
3.81
  • (7)
  • (9)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 151
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784888883764

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おもな校正記号の種類、意味、書き込み方について、縦組み横組みともに収録されている。
    薄いけど情報量は多く、今後一生大事にしたい本。仕事に大いに役立てたい。

    ちなみに、校正記号を入れるときに大切なことは、「その後に作業する人がわかりやすいように書き込むこと」「赤字は大きく書き込むこと」なんだと上司から教わりました。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「その後に作業する人がわかりやすいように」
      仕事の基本ですね!
      「その後に作業する人がわかりやすいように」
      仕事の基本ですね!
      2014/08/12
  • リンク先の藤井太洋さんの講演録に、推敲は校正記号を使ってやるとよいとあったので、手元に置きたくて購入した。便利そうだ。これに従って書き入れれば、書いた後に迷いがなくなるな。

  • マスト。

  • タテ組の部分だけ読みました。簡潔にまとまっているところがいいです。

  • 基礎の基礎ですね。

  • 手元に置いて薄くて便利。なにより安い。

  • 新人に校正記号を教えるのが面倒だったら、この本をわたせばすべて解決!
    もちろん、校正に慣れている人が読んでもためになります。
    要は編集者必携。安いし。

  • 23/293

  • 勉強になりました。

  • 意外と,社内の共通言語として校正記号をマスターせねばならなそうでした。一番大事なのは,自分の意思をきちっと伝えるための手段としてマスターしようっていう視点ですよね。

全14件中 1 - 10件を表示

校正記号の使い方―タテ組・ヨコ組・欧文組のその他の作品

校正記号の使い方―タテ組・ヨコ組・欧文組を本棚に登録しているひと

ツイートする