トラッシュバスケット・シアター (ダ・ヴィンチブックス)

著者 :
  • リクルート ダヴィンチ編集部
3.29
  • (2)
  • (1)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784889914757

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画監督とは思えない映画評。それがいい。

  • ルーツが垣間見える。絵も楽しい。

  • 岩井俊二絵が上手い(笑

  • 岩井俊二推薦カルト映画全十六本!自らの映画の思い出を絵と文で綴った岩井俊二初のエッセイ集。『ダ・ヴィンチ』での好評連載分に加え、執筆当時の楽しい裏話も満載

  • 岩井俊二推薦カルト映画全十六本!自らの映画の思い出を絵と文で綴った岩井俊二初のエッセイ集。『ダ・ヴィンチ』での好評連載分
    に加え、執筆当時の楽しい裏話も満載。

  • この本は銀水のそばのコミックショックで購入しました。最近は誰かの映画の評価を見るのが好きで、この前もTABACって雑貨店で京都在住の二百人くらいに好きな映画ベスト3と嫌いな映画をあげてもらい、感想なり理由なりを書いてもらい、それを集めて本になってたのを買いました。これは、友達の誕生日プレゼントやったから読まずにあげたけど。店でパラパラっと見たら、好きな映画の一位が『アメリ』でした。生まれて初めて買ったDVDがアシッドマンのビデオクリップで、アメリがその次に買ったDVDだったのでちょっとうれしかった。

    あっ、今は岩井俊二の本の話か。ところで、岩井俊二のこの本やけどこれで取り上げられてる映画は今リメイクされてるヤツばっかりやねん。例えば、宇宙戦争とかキングコングとか。でも、この本がおもしろいのは映画評をしっかり書いてるからじゃなく、その映画にまつわる少年時代の思い出なんかを書いてるのが楽しいねん。

    そういえば、俺が女の子と初めて二人で見に行った映画はジャッキー・チェン主演の「シャンハイ・ヌーン」でした。朝の10時に待ち合わせて、ご飯を食べて映画を見て、映画館付近をブラブラして、6時にお別れでした。凄い健全やね。それが、初デートでした。その頃は、デートといえば映画としか思いつかなかった。帰りのバスの中でほっとしながら、ウォークマンで音楽を聞いていたのが凄い鮮明に思い出されます。確かジュディマリを聞いてました。「オレもこんな恋をするのかなぁ」と思っていたのかもしれません。

  • 岩井俊二監督が紹介する、とっておきの映画たち。<BR>
    王道な1本あり。マニアックな1本あり。知られざる1本あり。の、映画好きと岩井好きにはたまらない1冊。

全8件中 1 - 8件を表示

トラッシュバスケット・シアター (ダ・ヴィンチブックス)のその他の作品

岩井俊二の作品

ツイートする