時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん

著者 :
  • メディアファクトリー
3.68
  • (12)
  • (14)
  • (30)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784889916836

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おしゃれー。

    ・ざくざく作る野菜のスープ
    ・ゆで鶏のスープ
    ・ひじきのペペロンチーノ
    ・豆のバタースープ
    ・豆の生クリームあえ

    あとはパスタ料理の種類が多くていいし、おかずのいらない
    豪快ごはんメニューも素敵。

    材料を増やすと家族分の量が作れるので、ひとりぶんに
    こだわらなくてもOK。
    見てるだけで楽しいしわくわくします♪

  • ひとりご飯の人だけでなく、み〜んなにおすすめ★
    おいしそうで、ごはん作りたくなりました!

  • 古本屋へ

  • この本のひじきの炒め煮を冷蔵庫に常備してると安心!

  • 一人のご飯ということで、簡単に作れそうなメニューが多くて嬉しい。副菜にはそんなに時間をかけたくないけど、美味しいものが食べたいし、マンネリメニューも嫌〜という私には良い本だ。
    この本、ほしい!

  • 独り暮らしの女性には重宝する本です。

    「いつも買っておきたいもの」に便利調味料が載っていて、わかりやすいです。

    わたしは、この本のおかげで「蒸しせいろ」にチャレンジできました。ひじきを斬新に使ったレシピもあるので、貧血になりやすい人は参考にすると良いかも。

    レシピは、超簡単!なもの2割、少し簡単が7割、残り1割は簡単なのか??という構成。

    「ひとりだからこそ贅沢をしよう」という章には、これを一人で食べたら、ちょっとにんまりだな、というおいしそうなレシピが・・・・

  • 10年前に出た本だけど、今でも全然いける!
    シンプルでわかりやすくて、美味さのコツみたいなのがわかる本。
    ありがたいです。

  • 一人暮らしを始めたときに、実家から持って行った料理本のうちの一冊。食材を使い回すとか、ひとつの料理をアレンジして飽きずに食べきるという基本的な事はこれで学んだ。

  • 食べることは生きること。

  • 1人暮らしの女性むけの本ではあるのですが「時間をかけない」というあたりがWMアンテナにピピッと。
    「一人分」でも、要は倍数にすればいいわけで。
    ストックメニューのバリエーション、どんぶりものなどがメインで、しかもサブタイトルに「10分で」・・・ね、使えるでしょう。さすがに、離乳食ベビーには厳しいものがありますけど、2~3歳になれば子供もいけます。

    読んでると、自分なり、自分ちなりの応用イメージも広がってきます。
    この本以降、我が家では「ひじき」がらみのおかずが頻出メニューです。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

素材の持ち味を生かし、余分なものを入れない引き算の料理が人気。自分が本当によいと思える食材と調味料を使い、心と体が納得するシンプルなおいしさを追及。東京・玉川田園調布で料理教室「cooking class」を主宰し、自由な発想でレッスンを行う。『有元葉子の料理教室 春夏秋冬レシピ』、料理レシピ本大賞2018受賞『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』ほか著書多数。

「2019年 『有元葉子の料理教室3 秋冬レシピ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有元葉子の作品

時間をかけない本格ごはん、ひとりぶんを本棚に登録しているひと

ツイートする