喜びの泉―ターシャ・テューダーと言葉の花束

制作 : Tasha Tudor  食野 雅子 
  • メディアファクトリー
4.02
  • (21)
  • (13)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 116
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784889919417

作品紹介・あらすじ

喜びをつかみなさい-シェークスピア、ワーズワース、エマーソン、ソローなど、作家や詩人の言葉に、絵本作家ターシャ・テューダー(1915年生まれ)の美しい絵を組み合わせた『喜びの泉 ターシャ・テューダーと言葉の花束』は、私たちにそう語りかけます。作家たちが賛美するのは、輝きに満ちた自然、あたたかい人の心、夢がもつ力。ターシャの繊細でぬくもりのある水彩画が、それらの言葉の意味を身近に感じさせてくれます。彼女の孫たちのかわいらしい姿や、子供時代のターシャも登場します。「喜びを感じる義務ほど、軽んじられている義務はない」と、ロバート・ルイス・スティーブンソンも言っています。『喜びの泉 ターシャ・テューダーと言葉の花束』は言葉と絵で、無邪気な子どもの心と思い出のなかの小さな楽しみを描いています。知恵と感動のこの一冊を見ていると、私たちのまわりにもたくさんの喜びがあることに気づかされます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プレゼントにする

  • 引用文で編まれた絵本。特にソローの言葉が響いた。大人がゆったりとした時間を過ごすための絵本。

  • いつもターシャの絵は、見ているだけで癒されます。

  • 美しくすばらしい言葉がターシャの絵とうまく調和されていて。すごい!

  • 三葛館児童書・大型本 E||TU

    絵本画家のターシャ・テューダーのあたたかく美しい絵と、心に刻んでおきたい名言たちが同時に楽しめる絵本です。
    ターシャ自身が生前支えられたという言葉の数々は、読むだけで心が豊かになるものばかりですし、添えられた挿絵も、ターシャの優しいぬくもりが満ちていて、ページをめくるごとに心癒され、優しい気持ちになります。
    いつも手元に置き、一日の終わりなどに眺めて心に刻みたくなる一冊です。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=49043

  • プレゼント

    祖母から孫への贈り物でした。しかしまだ理解するには早いようで未来への贈り物になりました。

  • 原書で読んだ、いつかこの手に。

  • とても優しい絵と、美しくて強い言葉。元気をくれる本です。彼女の絵にはコーギーがたくさん登場するのが嬉しい。

  • ターシャ本のなかでも個人的にかなり好きなほうだ。絵がきれいだし、言葉にも励まされる。ここで紹介された作家の本を読んでいくのがたのしい。

  • 本当にきれいな絵です。添えられている言葉もターシャの選んだ言葉で、雰囲気がぴったりです。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家。1915-2008。アメリカ、バーモント州の山奥でガーデニングと動物とのナチュラルライフを満喫。その質素で優雅な暮らしぶり、広大なナチュラルガーデン、心に染み入る言葉の数々は、亡くなったいまも、多くの人々に勇気と感動をあたえている。

「2017年 『ターシャ・テューダーの言葉 ベスト版 私は人生をバケーションのように過ごしてきたわ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

喜びの泉―ターシャ・テューダーと言葉の花束のその他の作品

喜びの泉ターシャ・テューダーと言葉の花束 単行本 喜びの泉ターシャ・テューダーと言葉の花束 ターシャ・テューダー

ターシャ・テューダーの作品

ツイートする