カラー人体解剖学―構造と機能:ミクロからマクロまで

制作 : Frederic H. Martini  Michael P. Mckinley  Michael J. Timmons  井上 貴央 
  • 西村書店
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (643ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890133055

作品紹介・あらすじ

本書は、カラー図版をふんだんに盛り込み、複雑な人体の構造を分かりやすく述べた学生向けの解剖学の教科書である。解剖学の三つの柱である肉眼解剖学、組織学、発生学の詳細を、カラー写真やカラーイラストを用いて視覚に訴え、理解しやすいよう工夫されている。肉眼解剖学や組織学の記述では、解剖標本のカラー写真とカラー模式図を対比させてあるので、学習の手助けとなる。また、それぞれの器官ごとに「発生学ノート」というコラムを設けてあり、人体発生のドラマの一端がより理解しやすくなっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 解剖学の授業で買わさ…いや、使用したもの。
    今でも見たりする。
    もうちょっと運びやすかったりすればいいのになあ…。
    井上先生元気かなあ…。

  • まず、表紙がいいね
    「よっしゃ!」ってかんじでさ。

    解剖学の中でも、見易さは群を抜いていると思う。
    全体像をとらえるのに適している。
    簡潔で、拡大図が多い。
    発生ノート が各章末についているので、便利。

    「また開きたい。」
    こう思わせる事が良い参考書のポイントだと思う。

  • 無料で手に入れる機会があって、頂きました。あまり比べたことがないので分かりませんが、カラーで詳しいのは言うことないかと。構造名に詳しくなります。

  • ミクロよりマクロでしょ!

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする