命の水: チェコの民話集

制作 : カレル・ヤロミール エルベン  出久根 育  Karel Jarom´ir Erben  阿部 賢一 
  • 西村書店 (2017年10月10日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890139859

命の水: チェコの民話集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エルベンの翻訳は岩波から豪華本出てたなぁ、読み比べなきゃ。。。

    西村書店のPR
    チェコのグリム「エルベン」の収集した昔話。
    ブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリ受賞 出久根 育のオールカラー絵本!
    http://www.nishimurashoten.co.jp/book/archives/9435

  • 図書館の新刊コーナーにならぶ本の中で、ひときわオーラを発していた本。「見て、見て~」と本に呼ばれているようで、吸い寄せられるように手にとった瞬間、これは素晴らしい! まずもって出久根さんの可愛らしい挿画を使った装丁、表紙裏といい、目次にはじまり、大小の素敵な挿画が満載なのです。もちろんエルベンの蒐集した民話も面白い。まるで美しいスイーツを目で存分に味わいながら、読んで美味しく食べて、あぁ~お腹いっぱい幸せな気分といったところ(^^♪

    カレル・ヤロミール・エルベン(1811~1870)は、(現在の)チェコの詩人、作家、民俗学者で「チェコのグリム」と呼ばれているそうです。ある国の民話を蒐集した本はよくあるのですが、私が目を奪われたのは、この本は民話だけではなく、バラッド(韻文の物語詩)、民謡、ことわざ、なぞなぞといった、人々の生活の営みが目に映るような多彩な民衆芸術を掲載していること、さらにチェコ語と同言語グループのスラブ語圏のロシア、スロヴェニア、ブルガリアなどの作品もあることで一気に空間の広がりを感じます。考えてみれば、長年営んできた人々の生活、慣習、歴史や文化は、ときに紛争も相俟って無理やり引いた国境のように線引きして腑分けすることなんてできないですものね。ゲルマン文化とスラブ文化の交錯、詩人でありながら民俗学者の顔をもつエルベンの視線にうなってしまいました。

    ***
    ネタばれにならないように、いくつか雰囲気を……、
    「金色の髪のお姫様」(チェコ)は、生き物たちの言葉がわかる王さまと召使イジーク。金色の髪の娘を花嫁にするため探すよう王命をうけたイジークは、旅の途中でアリやカラスたちを助けながら、とある国に辿りつきます。その国の王は娘を嫁す条件として、イジークに3つの難題を出します……さながら女神ヘラから難題をだされたヘラクレスのようですが、はたしてどうなる?

    「物知りじいやの三本の金色の髪」(チェコ)は、ある日、道に迷った王は炭焼職人の家に泊まることに。その夜、職人に男の子が誕生し、3人の妖婆が男の子の運命を口々に語ります。男の子は、今夜授かる王女と結婚する運命であることを漏れ聞いた王は、怒って男の子を川に捨てるのですが……運命の3女神なんてギリシャ神話のよう、オイディプスのような苦難を背負った幼子の運命は?

    グリムの「カエルの王子さま」ならぬ「カエルの王女さま」(ロシア)には、びっくり仰天ですし、本のタイトル「命の水」は、物語も挿画も白眉でじつに美しい。

    人間が動物や木に次々と変化していく変身譚といい、ギリシャ・ローマ神話、北欧神話、ケルト神話、グリム童話などの民話が融合して、きっと読む人それぞれがどこかで聞いたような? と思えるわくわくする本。子どもも大人も十分に楽しめる豪華本です♪

  • エルベンはチェコのグリムと呼ばれる人で、チェコだけでなく、ロシア、スロベニア、ブルガリアなどの民話や民謡や諺、なぞなぞ、おまじないの言葉まで収集したそうだ。チェコで出たチェコの偉人の本の挿し絵が出久根育って、名誉なことですね。そして、本当に素晴らしい。この絵を見るだけでもいいくらい。
    そして訳は阿部賢一。この人の訳でフラバルに出会えたことは、読書人生の幸せの一つだった。ただ、子ども向けの訳ではないので、フリガナはあるものの、言葉自体は子どもには難しい。寡婦とか厨房とか、躊躇とか、封緘とか。読み聞かせの時は言い換えが必要。
    物語は、ロシア民話やグリムに似ているのは近い国だから当然だとしても、「動物の言葉」は「石になった狩人」に似ている(結末は全く違うが)し、「リトハの泉にまつわる伝説」は天人女房や鶴女房に似ているのが面白い。
    「物知りじいやの三本の金色の髪」は、もちろん「金色の毛が三本ある悪魔」とほぼ同じ物語なのだが、グリムでは悪魔なのが、太陽になっている。比べて読むのが楽しい。
    大人にはとても満足できる本で、プレゼントにもいいと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
いせ ひでこ
フランシス・ハー...
キャサリン ラン...
チャーリー・N・...
ほし よりこ
梨木 香歩
恩田 陸
スティーヴン・ミ...
ポール オースタ...
ショーン タン
梨木 香歩
多和田 葉子
ジョー・ウォルト...
有効な右矢印 無効な右矢印

命の水: チェコの民話集はこんな本です

ツイートする