お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる

著者 :
  • ネスコ
3.73
  • (9)
  • (11)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890368662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モンテッソーリ本。子どもをよく観察しろ、日常生活の中で手先を使え、と。そうね。

  • 敏感期について。なにかをしたい時期は発達のために意味があり、代替でもよいから十分させてあげること。
    クレーン現象
    自宅でもできるモンテッソーリ教育
    C0037

  • 手作りおもちゃの例がイラストいりで書かれていて、わかりやすい。つくってみよう、と思える。保存版として子供の成長と共に見返すのがよさそう。

  • これから敏感期を迎えるわが子。仕事に復帰して保育園に入園すれば、どうしても急かしてしまうときが出てくるだろうけど、それはあくまで親の都合でもあると肝に銘じ、できるだけわが子の子どもらしい好奇心やまなざしを尊重してあげたいと感じさせられた。

  • 相良敦子さんの本は
    「モンテッソーリ教育は高い幼稚園に通わせなくても自宅でできる」
    ことを具体的に教えてくださるので、何度も読み直して、チェンマイの自宅で楽しく実行しています。そもそもモンテッソーリはローマの貧民街に住む子供たちのために最初の子供の家を開いたのです。何かがなくてはできないという教育ではないはすです。子供のために工夫していると、どんどん成長していけます。うれしいな。

  • 子供の行動を見る

    重いものを持ちたい時期がある

    運動したい時期がある

    教えながら、教えなさい>子供の間違いを訂正しながら教えてはいけない。

    ゆっくり見せる

    自立、自律

    折ったものを貼る
    折った物に貼る

    大人の目的は結果、子供の目的は過程

    ひとつのことだけ伝える

    子供はスローダウンした動きに興味を持つ、丁寧に正確に見せる。何度も繰り返し同じことをする。

  • 家庭で作れる教具の紹介もあり、実用的。

  • モンテッソーリの中でもとくに敏感期に焦点をあてて
    書かれている。
    モンテッソーリ教育の良さをアピールしすぎというか、
    「こんなに素晴らしいんだ!」みたいな強調がちょっとくどい。
    初めてモンテに触れた人には、なるほど、と納得する内容も
    あると思うが、既にモンテを多少知ってる人、
    実践している人には、実際には全てが全て、
    この本に書かれているように子供が反応してくれる訳ではないし、そうできれば理想よね、という感じかも。
    でも、自宅でできる手作り教材の例などは参考になった。

  • 友達からプレゼントされました。
    「教育法」と聞いて構えたのですが、
    とても自然で素敵な考え方だと思います。

    おおよそのモンテッソーリの本は、
    1歳からの手作りおもちゃも紹介されてて、お役立ちかも♪

  • 敏感期を知ると、子育てがやさしくなるかもしれません。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

九州大学大学院教育学研究科博士課程修了。滋賀大学定年退官後、清泉女学院大学教授、エリザベト音楽大学教授を歴任。日本モンテッソーリ協会(学会)理事など。著書に『お母さんの「敏感期」』など多数。

お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てるのその他の作品

相良敦子の作品

ツイートする