魚柄仁之助のめしのチカラ―からだの中から綺麗になる

著者 :
  • ネスコ
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890369324

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メタボで体調が思わしくなく健康の為に図書館から借りてみた。メタボなオヤジの食育教科書。海藻、キノコ、乾物、魚を食えば良い。理にかなっている理論なので実践したい。やはり、この方は元祖サイバーテロリストだなとつくづく思う。
    しかし、イラッとくる文体で読みにくいのが難点だ。

  • イイカゲンそうですが きちんと理由も書いてあって 綺麗になる方法が分かりやすく書かれています

  • 文体はあまり好きではありませんが(笑)「おばあちゃんの知恵袋・簡単版」といった感じで時々参考にしています。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1956年、福岡県生まれ。食文化研究家。著書に『食のリテラシー』(こぶし書房)、『台所に敗戦はなかった――戦前・戦後をつなぐ日本食』(青弓社)、『食べかた上手だった日本人――よみがえる昭和モダン時代の知恵』(岩波書店)、『腸を元気にするレシピ109』(飛鳥新社)、『食ベ物の声を聴け!』(岩波書店)、『冷蔵庫で食品を腐らす日本人――日本の食文化激変の50年史』(朝日新聞社)、『うおつか流大人の食育』(合同出版)ほか多数。

魚柄仁之助の作品

ツイートする