怪男児―出雲あやめ18歳 純情にして凶暴 (エクセル・ノベルス)

著者 :
  • 日本出版社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890489657

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢枕獏は私の好きな作家だ。好きな理由のひとつは、彼が小田原出身だから。作品の中に私の知っている場所がよく出てくる。
    この怪男児は、少女マンガ家志望の湘南大学(東海大学がモデルらしい)の学生、純情無垢で巨漢で怪力の童貞男・出雲あやめが活躍する話。文字どおりの痛快エンターテイメント作品でおもしろかったのだけど、通勤電車で読むには恥ずかしい描写がいっぱいで困った。

  • こんなのも書いてたんですね...獏さん。

    かなり自由にやりたい放題に書いてますねー(笑)。
    ふざけすぎっス(笑)。全てが安易すぎ(笑)。
    犬好きな方と普通の感性の女性は読んだら激怒必至。
    きっと書いてる側は楽しいんでしょうが、読んでる側には
    そのテンションが届かずに上滑りしまくり(笑)。中2かっ!

    まぁ...そんなトコも含めて...獏さん、好きですけど。

    高村光太郎VS中原中也なんて下らなすぎ(笑)。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1951年神奈川県生まれ。東海大卒。77年「カエルの死」でデビュー。『キマイラ』『闇狩り師』『サイコダイバー』『陰陽師』などの人気シリーズを持つ。『上弦の月を喰べる獅子』で日本SF大賞。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞。『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞。近年、菊池寛賞、日本ミステリー文学大賞を受賞。18年、紫綬褒章を受章。

夢枕獏の作品

ツイートする