予言 日支宗教戦争

著者 :
  • 並木書房
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890632411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  戦争を防ぐには戦争をよく知らなくてはならないが、我が国はその宗教的基盤から言挙げしなければ「なかったこと」にできると直感する性向があり、実際軍事学を学ぶ環境は荒涼たる有様である。
     筆者は軍学者である。そう書くと「なんだウヨか」と壟断するサヨクも多いだろうけれど、「ハワイ奇襲は言い訳の効かない卑怯なだまし討ち」と主張する筆者の立場は実は倫理学的である。西欧をキリスト教的ロゴスにおいて把握し、支那を儒教でなく道教から理解する筆者の提案として、①公人が公的な約束を破ったら恥じよ。②無害な他者・他国に対して不親切な働きかけをするな。③有害な他者・他国からの干渉には必ず反撃の策を講じよ。との3点を提案しているがもっともな考えである。
     いささか構成が散らかった感はあるし、思いつきに流される部分もあるのの、安易な二項対立で世間を捉えるところから脱して考えたい向きにはお勧めである。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1960年長野市生まれ。函館市在住。陸上自衛隊北部方面隊に2年間勤務した後、神奈川大学英語英文科、東京工業大学社会工学専攻博士前期課程(江頭淳夫研究室)、月刊『戦車マガジン』編集部などを経て、現在は著述業。著書に、『「日本国憲法」廃棄論』『日本人が知らない軍事学の常識』『兵頭二十八の農業安保論』『兵頭二十八の防衛白書2016』(以上、草思社)、『新訳 孫子』『[新訳]フロンティヌス戦術書』『「日本陸海軍」失敗の本質』(以上、PHP研究所)、『有坂銃』『たんたんたたた』(以上、光人社NF文庫)、『AI戦争論』(飛鳥新社)、『東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる』(講談社+α新書)、『日本史の謎は地政学で解ける』(祥伝社)、『「地政学」は殺傷力のある武器である。』『日本の兵器が世界を救う』(以上、徳間書店)など。

兵頭二十八の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
太田 述正
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする