米陸軍サバイバル全書

  • 並木書房
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890632442

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 旅に出る直前にこの本で「敵の収容所から脱出する時点でGPSを携帯して逃げることなどは考えられない」という監訳者の言葉を読んでいったおかげで、ナビに頼る旅について色々と反省。

    アメリカ陸軍だけでなく海軍、空軍、友軍や各省庁・団体が参考にしている教本とのことで、「SASサバイバル百科大全」に使われていたようなリアルな写真はないが、各種シェルターの作り方や飲料水の蒸留装置の作り方など、図も多く分かりやすい。付属で各種サバイバルキットの装備内容、可食性植物と薬用植物、有毒生物……といったカラー写真つきの一覧もついている。

    また今の時期に欠かせない水分補給については「ほとんどの人は1リットル以上の水を一度に飲むことはできない(だから渇きを感じていないときでも定期的に少量の水を飲まなくてはいけない)」と書いてあって膝を打った。生物兵器への対処法の箇所では「食べ物がなくても長時間生きられることを忘れるな。逆に、食べたもので死ぬかもしれないという事実を忘れるな!」とあってまた膝ばんばん。普通に暮らしている人がこれ一冊読み込んで実践するのは相当大変だけど、ものの考え方からして色々と勉強になった。

  • 09/8/11
    目次

    監訳者のことば
    第1章 はじめに
    サバイバル行動  13
    サバイバルのパターン  16
    第2章 サバイバルの心理学 17
    ストレスを直視する  17
    サバイバル時の心的反応  20
    サバイバルの心構え  23
    第3章 サバイバル・プランニング とサバイバル・キット 25
    事前想定計画の重要性  26
    サバイバル・キット  26
    第4章 基本的なサバイバル医療 28
    健康維持に必要なもの  28
    緊急医療  33
    救命手順  33
    骨と関節の怪我  39
    咬み傷と刺し傷  43
    さまざまな傷  47
    環境障害  50
    薬 草  52
    第5章 シェルターを作る 52
    シェルター用地の選び方  53
    シェルターの種類  53
    第6章 飲料水を確保する 69
    水が得られるところ  69
    蒸留装置の作り方  74
    水の浄化方法  78
    水の濾過方法  78
    第7章 火を使いこなす 79
    火の基本原則  80
    場所の選び方と準備  80
    焚き火の材料の選び方  82
    焚き火の組み方  82
    火のつけ方  84
    第8章 食料を調達する  88
    食物としての動物  88
    ワナと仕掛け  95
    小動物用ワナ  108
    釣 具  109
    獲物の調理と保存の方法  116
    第9章 植物のサバイバル利用法 121
    植物の可食性  121
    薬用植物  129
    第10章 有毒植物から身を守る 132
    どんな毒があるか  132
    植物の知識をもつ  132
    有毒植物を避ける法  133
    かぶれとただれ  133
    毒物のサイン  134
    第11章 危険な動物を避ける 135
    毒虫と毒グモ  135
    ヒ ル  138
    コウモリ  138
    毒ヘビ  138
    危険なトカゲ  140
    川の危険な生物  140
    湾内と河口の危険な生物  141
    海水域の危険な生物  141
    第12章 武器・道具・装備を確保する 145
    棍 棒  145
    刃 物  147
    その他の役に立つ武器  150
    縄や紐を手に入れる  152
    リュックサックの作り方  153
    衣服と断熱材  154
    調理と食事用具を作る  155
    第13章 砂漠でのサバイバル 157
    地 形  157
    環境条件を知る  159
    水の重要性  162
    熱障害とその対処法  164
    熱障害の予防法  164
    砂漠での危険  165
    第14章 熱帯でのサバイバル 166
    熱帯の気候  166
    密林の種類  167
    密林を移動する  169
    移動踏破の秘訣  170
    直ちに考えるべきこと  170
    飲用水を入手する  170
    食料を確保する  172
    有毒植物  172
    第15章 寒冷地でのサバイバル 173
    寒冷地とその位置  173
    風冷効果に注意する  174
    寒冷地サバイバルの基本  174
    衛生に注意する  177
    健康上の危険  177
    寒冷障害の対処法  178
    シェルターを作る  182
    焚き火を作る  185
    飲料水を確保する  188
    食料を手に入れる  189
    北極の食用植物  191
    寒冷地帯での移動法  191
    天候の変化に注意する  192
    第16章 海上でのサバイバル 194
    外海での遭難から脱出  194
    渚でのサバイバル  221
    第17章 渡河技術をマスターする 224
    大小の河川を渡る  224
    急流の渡り方  225
    筏を作る  228
    さまざまな浮具  231
    その他の水系障害物  232
    水性植物による障害  233
    第18章 野外で方位を確認する 234
    太陽と影を利用する方法  234
    月を利用する方法  236
    星を利用する方法  237
    応急型方位磁針の作り方  239
    その他の方位判定法  239
    第19章 救助信号を送る 240
    各種の信号技術を学ぶ  240
    信号手段  241
    コード標識と合図  248
    航空機誘導手順  248
    第20章 非友好地域でのサバイバル 252
    計画段階  252
    帰還遂行  254
    友軍支配地への帰還  258
    第21章 偽装技術を学ぶ 260
    個人偽装のテクニック  260
    静粛移動法  263
    第22章 現地住民と接触する 265
    現地住民との接触法  265
    サバイバーの作法  266
    政治的信義の変化  267
    第23章 核・生物化学兵器から身を守る 268
    核兵器への対処法  268
    生物兵器への対処法  280
    化学兵器への対処法  284

    付録A サバイバル・キット  287
    付録B 可食性植物と薬用植物  289
    付録C 有毒植物  345
    付録D 危険な虫・クモ・サソリ・ダニ  354
    付録E 危険なヘビと爬虫類  359
    付録F 危険な魚と軟体動物  388
    付録G 雲による観天望気  394
    付録H 事前想定対処計画の書式  397

    訳者あとがき  403

全2件中 1 - 2件を表示

鄭仁和の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×