アメリカ留学体験記 Never Too Late―今からでも遅くない

著者 :
制作 : 宮地 陽子 
  • 日本文化出版
3.65
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890840700

作品紹介・あらすじ

高校9冠を達成した能代工高からブリガムヤング大ハワイ校へ。日本からアメリカへ活躍の舞台を求めた田臥勇太の3年間を振り返る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田臥の挑戦の日々や苦悩が書かれていて、何をするにも遅すぎることはないのだな…と感じた。田臥はすごい!

  • はじめに
    第1章 アメリカへの想い 初訪米から留学決意まで
     初めてのアメリカ パトリック・ユーイングとのCM競演
     ナイキ・フープサミットでのアメリカ
     アメリカ留学への決意
     両親のコメント①<アメリカ留学へ>

    第2章 BYUH(ブリガムヤング大ハワイ校)生活1年目
     アロハ!ハワイ
     いきなり始まった寮生活
     「帰りたい」 最初はホームシックに
     徐々に増えた食事のパターン
     まずは英語の授業から
     外から見たBYUHチーム
     アクティブ・ライフのための車購入と引っ越し

    第3章 キリンカップから留学2年目
     腰の痛みをおして参加 2000キリンカップバスケットボール
     ロサンジェルスで手術、そしてリハビリへ
     幅も広がった2年目の生活
     シーズンへの準備、ピックアップゲーム
     再び引っ越し
     最初の2年を振り返って 再認識

    第4章 ヤングメン日本代表として
     ゲーム感覚とコンディショニング 2001キリンカップバスケットボール
     世界を肌で感じた第3回ヤングメン世界選手権
     尊敬する人
     両親のコメント②<腰の手術/河島英五のCD>

    第5章 留学3年目、いよいよNCAAデビュー!
     9月 ピックアップゲーム
     10月 チーム練習が解禁
     11月 いよいよシーズン開幕!
     12月 ヤフー・スポーツ・インビテーショナル
     1月 地元・ハワイでの試合とメインランド(アメリカ本土)遠征
     2月 レギュラーシーズン最後の頑張り
     3月 NCAAトーナメントへ

    第6章 帰国、そしてJBLへ
     勝利の喜び
     フラストレーション
     コーチとのミーティング
     ネバー・トゥ・レイト
     JBL・トヨタ自動車アルバルクへ
      両親のコメント③<帰国の決断、成長/挑戦>

    おわりに

    記録

    あとがき

  • 高校9冠を達成後から、アメリカ留学し帰国するまでの
    率直な思いがつづられています。

    同年代の仲間との絆や、田臥選手のプライベートな
    部分も楽しめます。

    田臥選手のことならなんでも知りたいファンの方だけでなく、
    いま自分の将来を考えている中高生にも読んでもらいたい本。

  • ・田臥勇太のバスケットボール人生が綴られている
    ・高校9冠を達成した能代工高からブリガムヤング大ハワイ校へ渡る
    ・日本のバスケから、アメリカのバスケへの変化
    ・日本人の田臥はアメリカでのバスケ中のコミュニケーション方法にぶち当たる
    ・自分もバスケットボールを経験しているので、気持ちがとてもわかった

  • 環境は違えど彼も彼なりにバスケット以外で苦労したんだなと。。
    何か、バスケット以外でのその苦労に同感しました。

  • 彼のファンで良かったと再確認(笑 色んな苦しいことがあった上で、彼が努力して成長して今も頑張っているのだと知った。涙がでそうになったのは、ファンゆえでしょうか笑 

  • ●高校9冠を達成した能代工校からブリガムヤング大ハワイ校へ。日本からアメリカへ活躍の舞台を求めた田臥勇太が3年間を振り返る、本人によるアメリカ留学体験記●現在NBA挑戦中!

  • もう遅いかもしれん…

  • バスケの本というより留学生日記。プライベートの田臥君を垣間見れてファン必見。

  • 田臥くんの飾らない人柄が前面に出てます。努力の人です、彼は。

全12件中 1 - 10件を表示

田臥勇太の作品

ツイートする