金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本―原始・古代史 (東進ブックス―名人の授業)

著者 :
  • ナガセ
3.65
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890853335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  図や表を用いて「流れ」を「理解」するところから始めようという、「なぜと流れがわかる本」シリーズの原始・古代史編。
     初めに読んだのが近現代史編だったこともあって、近現代史編ほどのインパクトはなかったものの、やはり分かりやすい。特に藤原氏関係が整理できて良いと思う。(08/11)

  • 3冊順に流し読み。流れの図と舞台はここという白地図がある事によって、歴史の流れがスムーズに入る。巻末にある天皇や将軍の系図がこれまた良い。201501

  • 20141016

  • 日本史って面白いんやな〜、と思える本。大学受験は世界史を選択していたため、日本史の知識はほとんど抜けて落ちていた。しかし教養として社会人になってから日本史を学びはじめると、これがまぁなんと面白いことか。
    この後のシリーズも読んで、日本人として恥じない日本史の知識を身につけたい。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

京都市出身。歴史コメンテーター。東進ハイスクールのカリスマ講師として活躍。テレビ・ラジオ・講演会にも多数出演。「日本」と「歴史」に関する解説は、とてもわかりやすいとの定評がある。著書にベストセラー『金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本』シリーズ(東進ブックス)、『マンガで攻略!はじめての織田信長』(白泉社)、『「米中韓」と日本の歴史』(朝日新聞出版)などがある。

金谷俊一郎の作品

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本―原始・古代史 (東進ブックス―名人の授業)を本棚に登録しているひと

ツイートする