英文法の核 (東進ブックス 大学受験 Coreシリーズ)

著者 :
  • ナガセ
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890856824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 英文法の何故が詰まったロジック本。これかForestか自由自在中学英語のいずれか好みの文法本を繰り返し読めば理解がかなり進みそう。

  • 昔、受講していた予備校の先生の受験参考書。参考書ゆえに普通の読書のようにはいかないが、英文法をなぜ?という視点から解説しており、非常に面白い。
    イディオムや例文も大量にあるが、理屈をしっかりと説明してくれているのでただの知識の羅列ではなくしっかりと理解できる。

    以下がその一例
     英語は基本的に旧情報→新情報の順で話される
     時制は数直線で覚える
     受動態のニュアンスは客観性や動作主の不在
     canのイメージは可能性。be able toは具体的な能力
     英語の過去形は時間的な距離だけではなく、心理的な距離をも表す。仮定法が過去なのはこれが理由
     比較は等号、不等号で考える
     前置詞はコアイメージを考える

    量も比較的あり、音声CDもついているので繰り返し学習して復習するのにもベスト

全2件中 1 - 2件を表示

西きょうじの作品

ツイートする