体系的に学ぶ携帯電話のしくみ 第2版

  • 日経BP社
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891006013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 技術書の感想としては不適当だが、読んだ感想は「えげつない」だった。
    むき出しの技術とむき出しのマーケティングから生み出される、統一感も意味もない略称の数々。あらゆる技術的なようそがごちゃまぜになり、それぞれの先端部分が使用されているので、早送りで映画を見ているような気分になる。
    体系的に学べたかもしれないけど、「で、分かった?」と言われたら、自信がない。次は辞書的に使って、聞いたような略語が出てきたときに遡ればいいのだろうけど、そこまではしないだろうな。
    これでもスマートフォン以前。以前だからというのもあるかもしれない。携帯電話の世界ってDOSのころみたいだという感じはしていた。その感を強くした。80年代後半から90年代前半のOSの世界みたいだ。

  • 導入本として使えます。

  • 通信事業者の技術の仕事をやっているのですが、ときどき携帯電話の仕組みが分かってないのが不安になって、こういう本を購入してしまいます。
    初版が2006年に出されているのですが、好評ということで第2版がだされたというので、買ってみました。

    端末技術もざっくりと押えていて、携帯の歴史的な事実についても間違いはないので、この手の本としてはまずまず評価できるかと思います。進歩の早いこの世界で、手軽に広く知識をアップデートするにはよい本かと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

神崎洋治の作品

ツイートする