勇払原野のハスカップ市民史 ハスカップとわたし

  • 中西出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891153601

作品紹介・あらすじ

ハスカップは苫小牧の風土を象徴するソウルフード

楚々としたやや洋風な風情で、食べてみると酸味だけでなく驚くほど多様な味。
苫小牧や千歳の勇払原野一帯から北海道各地に広がるハスカップは、
世界の花卉園芸界でも、ポスト・ブルーベリーの位置にあるのです。

苫小牧東部地域(苫東)にあるハスカップの自生地を「コモンズ」(地域が共有するかのような土地)ととらえ、地域住民への聞き取り調査などを含めた実態調査を実施。開拓時代からの暮らしの中での位置づけや、存亡の実態、環境コモンズ研究会のフォーラムでの講演や提言をまとめた、「勇払原野のソウルフード」苫東のハスカップを体系的総合的にとらえた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 普段何気に関わっているハスカップは、我々の歴史そのもの。大切にしていきたい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2010年発足。苫東の一部にある区域を想定し、所有者の了解のもとで豊かな自然を守りながら利用させてもらう「環境コモンズ」の中心となって、現況緑地の保全と利活用を具体的に推進する団体。
「環境コモンズ」とは、明確な私的土地所有の枠組みの中で、かつ、所有者の許容する範囲内で、地域住民が「環境の享受(利用)」を行い、その引き替えに利用管理・情報発信の一部に協力する相互関係の仕組みのこと。

「2019年 『ハスカップとわたし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勇払原野のハスカップ市民史 ハスカップとわたしを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする