中国語のエッセンス

著者 :
  • 白帝社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891746056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者はベストセラーテキスト『話す中国語』やNHKラジオ中国語講座の講師として中国語教育では名の知れた方である。
    本書はおもに雑誌『中国語』に連載した読み物を一冊にまとめたもの。内容は発音から文法まで多岐にわたるが、どれも深く掘り下げて考察しており、中国語を学ぶとき、教えるときに大いに役立つものである。

  • 著者は、青山学院大学教授の遠藤光暁氏です。
    以下の期間、NHKラジオの講師をしていた方ですね。

    2002/04〜2003/06 NHKラジオ中国語講座応用編担当
    2004/04〜2005/03 NHKラジオ中国語講座入門編担当

    本書は、中国語の学習方法から始まり、了の使い方やr化など中国語学習の中でみなさんがよく疑問に思うことが分かりやすく説明されています。
    最後には、普通話と北京語の違いが書かれています。

    特に、了の使い方は勉強になりました。
    やっと使い方がわかった気がします。
    中国語を学習している方には一読をお薦めします。

    ちなみに、本書は以下の本で紹介されていて知りました。

    <table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4810200345/zhuze-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51R8S729JAL._SL160_.jpg" alt="Why?にこたえるはじめての中国語の文法書" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4810200345/zhuze-22" target="_blank">Why?にこたえるはじめての中国語の文法書</a><br />(1996/06)<br />相原 茂石田 知子<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4810200345/zhuze-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
    目次は、以下の通りです。
    <hr size="1" />
    なまけ者の中国語学習法
    発音6講
    中国語のエッセンス
    “了”のポイント
    北京語と“普通話”
    中国語イラスト小文法
    「できなくて、すみません」―あとがきに代えて

    <hr size="1" />

全3件中 1 - 3件を表示

遠藤光暁の作品

ツイートする