三国志―正史と小説の狭間

著者 :
  • 白帝社
3.31
  • (1)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891747862

作品紹介・あらすじ

本書ではまず、第一章で歴史書である陳寿『三国志』の成立過程とその性格、『三国志』の典拠となったであろう史籍、そして裴松之の注について述べ、その後『三国志演義』の成立過程や日本での受容について概説している。第二章以降で後漢末から二八〇年までの大まかな歴史的経緯を大体十年ずつ(第六章・第七章はその限りではない)に分け、各章ごとに代表的な人物を取り上げて小説との違いに注意しながら史実に即して述べようと努めている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・三国志の歴史の流れのおさらいが中心。
    ・演義の話は軽く取り入れられる程度。
    ・どちらかと言えば、魏・呉・蜀の史書の描かれ方の違いに着目。
    ・三国志の流れが理解できる。

全1件中 1 - 1件を表示

三国志―正史と小説の狭間のその他の作品

三国志――正史と小説の狭間 オンデマンド (ペーパーバック) 三国志――正史と小説の狭間 満田剛
三国志: 正史と小説の狭間 オンデマンド (ペーパーバック) 三国志: 正史と小説の狭間 満田剛

満田剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
片山 まさゆき
渡辺 精一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする