マルセル・デュシャン論

  • 書肆風の薔薇
3.94
  • (8)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891762384

作品紹介・あらすじ

1990年度のノーベル文学賞をうけたメキシコの詩人が、『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』、『落ちる水、照明用ガス、が与えられたとせよ』という今世紀の美術の最も謎めいた二つの作品によって、あまりにも有名なマルセル・デュシャンの生涯と作品を辿りつつ、今日における《絵画》の在り方に、そして断末魔《近代》というこの時代そのものに根底的な転換を迫る、鮮烈な美術批評。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ジュンク堂に在庫あり。

全1件中 1 - 1件を表示

オクタビオ・パスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スーザン ソンタ...
ミシェル・フーコ...
ミシェル・フーコ...
三島由紀夫
イタロ カルヴィ...
ドストエフスキー
レーモン クノー
J.L. ボルヘ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×