ミハイル・バフチン全著作〈第2巻〉「フロイト主義」「文芸学の形式的方法」他―一九二〇年代後半のバフチン・サークルの著作〈1〉

  • 水声社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (613ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891763305

作品紹介・あらすじ

タルトゥ派のイワーノフによって、バフチン思想全体の理解のために"不可欠"と評された「フロイト主義」(ヴォローシノフ)、"サークル"の最初の論文「学問のサリエーリ主義」(メドヴェージェフ)、そして、フォルマリズムと俗流社会学主義に抗して、文学作品を、それに関与する人々(作者/内容のイデオロギー的現実/読者)の社会的な相互作用、イデオロギー的な交通の場と捉える「文芸学の形式的方法」(メドヴェージェフ)を収録する。激しい論争の渦を巻き起こした、謎めいた"バフチン・サークル"の著作群の集成、第一弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    タルトゥ派のイワーノフによって、バフチン思想全体の理解のために“不可欠”と評された「フロイト主義」(ヴォローシノフ)、“サークル”の最初の論文「学問のサリエーリ主義」(メドヴェージェフ)、そして、フォルマリズムと俗流社会学主義に抗して、文学作品を、それに関与する人々(作者/内容のイデオロギー的現実/読者)の社会的な相互作用、イデオロギー的な交通の場と捉える「文芸学の形式的方法」(メドヴェージェフ)を収録する。
    激しい論争の渦を巻き起こした、謎めいた“バフチン・サークル”の著作群の集成、第一弾。

    [ 目次 ]
    学問のサリエーリ主義
    フロイト主義(フロイト主義と現代における哲学・心理学思想の諸方向(批判的位置づけ)
    フロイト主義の叙述
    フロイト主義批判)
    文芸学の形式的方法(マルクス主義的文芸学の対象と課題;形式的方法の歴史;詩学における形式的方法;文学史における形式的方法)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

磯谷孝の作品

ミハイル・バフチン全著作〈第2巻〉「フロイト主義」「文芸学の形式的方法」他―一九二〇年代後半のバフチン・サークルの著作〈1〉を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×