呪われた子 他 (バルザック幻想・怪奇小説選集)

制作 : 私市 保彦  奥田 恭士  加藤 尚宏  芳川 泰久  澤田 肇  片桐 祐 
  • 水声社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891766382

作品紹介・あらすじ

古い家柄の貴族の子として生まれながら、父に呪われて海辺の小屋に暮らす少年エティエンヌ。母のたおやかな愛と自然の神秘に育まれたこの繊細な魂は、しかし、封建制度と戦乱の時代に翻弄されてゆく(「呪われた子」)。厖大な人物を織り込んだ大作の根底をなすともいえる、神秘に彩られた人生を描いた短編集。表題作のほか、「サラジーヌ」「神と和解したメルモス」など計8篇を収録。バルザックにおける「哲学的研究」の妙味。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    とにかく精力的な執筆活動をしていたバルザック。その集大成が纏められています。ぜひ、お気に入りの作品を見つけてみてください。
    --------------------------------------
    所在記号:953.6||ハオ||3
    資料番号:10186912
    --------------------------------------

  • [ 内容 ]
    古い家柄の貴族の子として生まれながら、父に呪われて海辺の小屋に暮らす少年エティエンヌ。
    母のたおやかな愛と自然の神秘に育まれたこの繊細な魂は、しかし、封建制度と戦乱の時代に翻弄されてゆく(「呪われた子」)。
    厖大な人物を織り込んだ大作の根底をなすともいえる、神秘に彩られた人生を描いた短編集。
    表題作のほか、「サラジーヌ」「神と和解したメルモス」など計8篇を収録。
    バルザックにおける「哲学的研究」の妙味。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

オノレ・ドバルザックの作品

ツイートする